皮膚科

当科では、福井県の皮膚科診療の拠点として、皮膚疾患で苦しまれる患者さんに対して、最善の医療を施行できるよう努めております。また、診療だけでなく、若手皮膚科医の臨床、研究の教育にも力を入れています。さまざまな専門や経験を有する皮膚科医が所属しておりますので、あらゆる皮膚疾患に外来や入院での対応が可能です。完全予約制です。

診療体制・治療方針

月曜から金曜まで、毎日午前中に一般外来を開いています。また、以下に現在、午前または午後に開いている専門外来の案内を記載します。他の専門外来も今後は拡大していく予定ですし、曜日や時間が変更になることもありますので、詳細は病院ホームページやお電話などで随時ご確認ください。

皮膚外来・腫瘍外来(月曜午前、水曜午前、木曜午後)

皮膚科で扱う疾患の中には、皮膚腫瘍のように、手術をはじめとする特殊な治療が必要なものがあります。当外来はそのような患者さんに対して、外来診療や入院予約を行う専門外来です。皮膚腫瘍の診療の他にも、手術が必要な感染症や潰瘍、熱傷の治療や、皮膚がんに対する分子標的薬などを用いた最新の薬物治療なども行っています。皮膚腫瘍に対しては良性か悪性(皮膚がん)かを皮膚生検やダーモスコピーを用いて正確に診断し、適切な治療法を選択します。

膠原病外来(火曜午前)

教授が膠原病の専門であり、皮膚疾患のみならず、全身性強皮症(きょうひしょう)、全身性エリテマトーデス、皮膚筋炎、混合性結合組織病、血管炎などの皮膚症状を呈する膠原病(こうげんびょう)の診療に力を入れています。膠原病は、皮膚症状から発見されることが少なくなく、内科や小児科などとも連携しながら難病で苦しむ方々を救ってあげたいと思います。他に、成人スティル病、ベーチェット病、限局性強皮症(モルフェア)などの診療も行っています。

乾癬外来(木曜午前、金曜午前)

乾癬(かんせん)はくりかえし皮膚に炎症がおこり、ぼろぼろと剥がれ落ちますから、患者さんは外見上のストレスをかかえています。従来の治療(外用、紫外線、内服)に加えて、最近は生物学的製剤も使用できるようになり、治療の選択肢が広がりました。根治させることは難しい病気ですが、さまざまな治療を組み合わせることで、日常生活でほとんど支障なく過ごせるようになると考えています。乾癬外来では専任の医師が担当し、患者さん一人ひとりの症状とライフスタイルに合わせて適切な治療法を提供します。

アトピー性皮膚炎外来(木曜午前)

難治性の方のために昨年度から専門外来を開設しました。きめ細かな生活指導や外用指導に加え、最新の生物学的製剤を用いた治療も提供していきます。

レーザー外来(金曜午後)

Qスイッチルビーレーザーを導入し、保険診療の対象となる色素性病変である太田母斑(おおたぼはん)、異所性蒙古斑(いしょせいもうこはん)、外傷性刺青(外傷後の色素残存)、扁平母斑(へんぺいぼはん)の治療を行っています。また、昨年度からVビームレーザーが加わり血管腫や毛細血管拡張症の治療も可能になりました。レーザー治療を希望される方は、まず一般外来を受診していただいてから、レーザー外来で治療計画をご相談させていただきます。すぐには治療を希望されないお子様でも、レーザーの効果は小児期の方が高いため、一度早めに受診いただくことをお勧めいたします。

接触皮膚炎外来(月曜午後)

“かぶれる”ことを接触皮膚炎といいます。湿布や金属にかぶれたという話はよく耳にすると思いますが、さまざまな日用品が接触皮膚炎の原因になります。当外来ではパッチテストという検査で接触皮膚炎の原因を探します。慢性湿疹が接触皮膚炎だった場合もありますので、難治性湿疹がある方は一度当外来にご相談ください。

硬化性苔癬外来(火曜午後)

硬化性苔癬(こうかせいたいせん)は外陰部に我慢できないほどの強いかゆみが生じ、潰瘍や水ぶくれが生じたり、白っぱく変色したりする病気のことです。閉経後の中年女性や10歳以下の女児を中心に発症し、女性の10分の1程度の割合で男性の陰茎部に生じることもあります。進行すると皮膚の萎縮や硬化、皮膚同士の癒着が起こり、排尿や月経に障害が生じるなど日常生活に支障をきたします。また、長年にわたって続いた硬化性苔癬の約5%に皮膚がんが生じるとされており、確定診断と定期的な診察が必要です。硬化性苔癬は認知度が低く、デリケートな部位に発症することもあって、受診をためらう人も少なくありません。当外来では女性医師が中心となって診察する体制を整えております。上記の症状でお困りの方は一度当外来にご相談ください。

水疱症・皮膚遺伝疾患外来(木曜午後)

自己免疫性および遺伝性の水疱症と、皮膚症状を主体とした遺伝疾患を取り扱う外来です。水疱症では、診断および治療に重点をおいて外来を行っていきます。また、皮膚遺伝疾患の可能性のある患者さんには、遺伝子カウンセリングを始めとして、他科と連携した幅広い診療を心がけています。早急な診断と治療を希望されない方で、お話だけという患者さんでも、一度外来にご相談下さい。

高度医療

センチネルリンパ節生検

皮膚がんや悪性黒色腫に対する手術療法において、従来は再発予防のために所属リンパ節を広範囲に摘出(郭清)していたため、手術後の負担が多大でした。センチネルリンパ節生検は、色素やラジオアイソトープを使用して、がん細胞が最初に到達するはずのリンパ節にがん細胞が存在しているかどうかを調べる方法です。この方法により、郭清が必要かどうかの判断や郭清の正確な範囲決定ができるようになりました。患者の皆さまにとって必要十分な治療が受けられ、手術後の負担も軽減されました。

主な検査と説明

ダーモスコピー

皮疹を10~30倍に拡大して観察できる機器です。色素性病変の鑑別に極めて有効で、生検をしなくても、かなりの精度で正確な診断ができます。

ダーモスコピー

ダーモスコピー

紫外線照射器

白斑、乾癬、掌蹠膿疱症、アトピー性皮膚炎、皮膚リンパ腫などに有効性が認められています。当院では全身を一度に照射できる高性能の照射器と部分的に効率良く照射できるエキシマライト照射器を使用しています。

紫外線照射器

紫外線照射器

エキシマライト

エキシマライト

ルビーレーザー

いわゆる‘青アザ’や‘茶アザ’などの色素性病変に対して保険診療でルビーレーザーによる治療を行っています。

Qスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザー

ダイレーザー

ダイレーザー

キャピラスコープ

爪の根元の毛細血管を拡大して観察する機器で、全身性強皮症や皮膚筋炎などの膠原病の早期診断や重症度評価に有用です。

キャピラロスコピー(毛細血管顕微鏡)

キャピラロスコピー
(毛細血管顕微鏡)

科長・スタッフ紹介

長谷川 稔

科長・教授
長谷川 稔
専門領域
膠原病(強皮症、皮膚筋炎、SLE)・皮膚炎症性疾患(アトピー性皮膚炎、乾癬)

尾山 徳孝

副科長・准教授
尾山 徳孝
専門領域
乾癬・掌蹠膿疱症・アトピー性皮膚炎・皮膚アレルギー性疾患・自己免疫性水疱症・ペーチェット病

講師・病棟医長 飯野 志郎 皮膚外科・皮膚腫瘍
助教 井戸 英樹 褥瘡、レーザー
助教・外来医長 知野 剛直 先天性皮膚疾患・皮膚科全般
助教 馬場 夏希 皮膚外科・皮膚腫瘍
医員 宮永 美紀
医員 加藤 卓浩
医員 小泉 遼
医員 福井 玲矛
医員 宇都宮 慧
医員 宇都宮 夏子
医員 本多 美貴
医員 上杉 沙織
医員 北風 光平
医員 山口 由佳

学会等認定制度による施設認定

学会等名 事項
日本皮膚科学会 認定専門医主研修施設

外来診察予定

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 【初診】
長谷川 稔
宮永 美紀

【皮膚外科・腫瘍外来】
飯野 志郎

【再診】
福井 玲矛

【初診】
尾山 徳孝
井戸 英樹

【膠原病外来】
長谷川 稔
小泉 遼
(第1・3・5週)

宇都宮 慧
(第2・4週)

【再診】
宇都宮 夏子

【初診】
長谷川 稔
小泉 遼

【皮膚外科・腫瘍外来】
飯野 志郎

【再診】
宇都宮 夏子

【初診】
飯野 志郎
知野 剛直

【アトピー性皮膚炎・乾癬外来】
尾山 徳孝

【再診】
上杉 沙織

【初診】
井戸 英樹
加藤 卓浩

【乾癬外来】
知野 剛直

【再診】
宇都宮 慧

午後 【接触皮膚炎外来】
宮永 美紀
【硬化性苔癬外来】
宇都宮 夏子
【水疱症・皮膚遺伝性疾患外来】
知野 剛直

【皮膚外科・腫瘍外来】
馬場 夏希

【レーザー外来】
井戸 英樹
馬場 夏希
加藤 卓浩

Webサイト