薬剤部

当薬剤部は、医師・看護師・その他の医療スタッフとともに医療チームの一員として高度な医療を支え、安全かつ効果的な薬物療法を実施するため、医薬品適正使用の推進・供給・管理を主な業務としています。従来型の縦割り業務でなく、多種多様な要求に幅広く柔軟に対応しています。

調剤・医薬品情報部門

医薬品情報室

医薬品情報室では、病院内における医薬品に関する情報を収集・解析・評価・整理し、提供しています。附属病院において採用されているすべての医薬品に関する情報はもとより、採用されていない医薬品や、大衆薬の情報、医療・医薬品に関する書籍、世界各国で報告されている医薬品の副作用情報等も管理しています。

調剤室

医師より発行された処方せん(内服・外用・注射)の内容について、薬学的観点から、飲み合わせ(薬物間相互作用)、副作用、薬の量(用量)、飲み方(用法)などのチェック(処方監査)を行い、その後、正確に薬を調合(調剤)することに努めています。内服薬の一包化調剤や注射薬のカート車を用いた、患者さんごとの1回分セット渡しを行うことにより、看護師業務の省力化および医療安全に貢献しています。患者さんには、“お薬説明書”(薬剤情報提供用紙)や“おくすり手帳”を活用して、安全でかつ効果的な薬物療法のための情報提供を行っています。また、外来ロビーにお薬相談室を設け、吸入指導や患者さんからの相談も受けています。

病棟活動支援部門

病棟薬剤業務、薬剤管理指導

医療は、医師を中心に看護師、臨床検査技師、栄養士やわれわれ薬剤師などが、各々の専門職能を発揮し協力して行うことが望まれています。当薬剤部では、すべての病棟に担当薬剤師を配置し、薬物療法の薬学的管理を実施しています。医師カンファレンスへの参加、教授回診等に随行し情報収集すると同時に、当該診療科に即した情報提供を実施しています。また、ベッドサイドにおいては、患者さんが薬を正しく使えるように薬効・使い方・注意点などについて服薬指導を行い、適正で安全な薬物療法の実践に貢献しています。

チーム医療

NST(栄養サポートチーム)、ICT(院内感染制御チーム)、緩和ケアチーム、医療安全管理部などチーム医療の一員としてカンファレンスや回診に参加しています。また、院内のスタッフの教育・啓発に対してその役割を果たしています。

高度医療

がん化学療法関連

当院で実施されるがん化学療法は、審査、登録、管理された治療内容(レジメン)に従い実施されます。レジメンの審査、登録、管理には医師との協力の下、薬剤師が大きな役割を担っています。がん化学療法が安全に且つ有効に実施されるよう医師の指示内容や患者さんの臨床検査値、副作用の症状などを薬の専門家の視点から確認し抗がん剤の投与内容が適切であるかどうかの確認を行っています。各病棟あるいは通院治療センター担当の薬剤師と連携を取りながら、患者さんへの情報提供や指導、および医師をはじめとするスタッフのさまざまな提案などを通じ、がん化学療法の薬学的管理を行っています。また、薬剤の調製に際しては、抗がん剤の特徴を十分に把握した上で、抗がん剤の取り扱いについてトレーニングを受けた薬剤師が清潔な環境で行っています。

TDM室

主に、抗がん薬、免疫抑制薬、抗生物質、抗てんかん薬などについて体液中薬物濃度の測定を行い、得られた結果を動態学的に解析することによって、個々の症例に最も適切な薬物療法を実施するための投与設計支援を行っています。

製剤室

一般的な院内製剤の調製に加え、PET検査に用いる検査薬の品質検査を行い、高度医療を支えています。また、中心静脈栄養療法として用いられる高カロリー輸液を無菌調製しています。

薬務室

院内で使用する医薬品の購入・管理・分析を行っています。また、麻薬の管理・供給、および院内外の渉外の薬剤部窓口としても機能しており、高度先進医療を購入・管理・供給面から支える部門としてその一翼を担っています。

研究・教育部門

研究

薬剤部における研究テーマは、薬物動態研究および薬剤疫学調査研究を主とし、業務遂行中に臨床の場において見いだされた問題点を解決するべく、常に臨床の場に返し得るものを対象に考えています。

医学・薬学教育

当薬剤部は、日本薬剤師研修センター、日本臨床薬理学会および日本医療薬学会の薬剤師研修施設、並びにがん専門薬剤師研修施設に認定され、また、複数の学会認定薬剤師および指導薬剤師が医学、薬学、看護学の教育研修や卒後研修を行っています。

福井大学医学部附属病院で発行する院外処方箋の一般名処方について

平成24年度から院外処方箋は一般名での記載が推奨されます

通常、処方箋の医薬品の名称は「商品名」が記載されています。平成24年度から、ジェネリック医薬品(後発医薬品)が市販されている医薬品については、「一般名」での記載が推奨されます。

詳しくは厚生労働省のホームページをご参照ください。

ジェネリック医薬品(後発医薬品)の使用促進について

保険薬局の方へ

保険薬局の皆さまへの情報はこちらをご参照ください。

薬剤部webサイト<保険薬局の方へ>

部長・スタッフ紹介

後藤 伸之

部長・教授
後藤 伸之
専門領域
医薬品情報学・薬剤疫学・医療薬学

塚本 仁

副部長・講師
塚本 仁
専門領域
医療薬学・感染症学・感染制御学・医薬品情報学

矢野 良一

副部長
矢野 良一
専門領域

医療薬学・臨床薬理学・がん薬物療法

主任薬剤師 10人
薬剤師 31人
事務職員 6人

学会等認定制度による施設認定

学会等名 事項
日本医療薬学会 認定薬剤師制度研修施設・がん専門薬剤師研修施設
日本臨床薬理学会 認定薬剤師制度研修施設
日本薬剤師研修センター 薬剤師養成事業実務研修生受入施設
日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師研修事業認定研修施設

Webサイト