産科婦人科

福井大学産婦人科は、①加賀平野~福井県~京都府北部地域をカバーする産婦人科医療ネットワークの中核施設として、高度医療を担当しています。また、②近隣地域住民には、地域の医療施設との連携のもとに、一般産婦人科診療も提供しています。

診療体制・治療方針

加賀平野~福井県~京都府北部には、医療施設間の緊密な連携による、産婦人科医療ネットワークが形成されています。このネットワークの中では、それぞれの医療施設が独自の役割を担っています。

チーム医療を行っており、複数のスタッフが「チーム」を構成し、チームが主治医となるシステムで、診療に当たっています。

診療部門の特徴

周産期医療部門

  1. 日本周産期・新生児医学会が認定する、「周産期母体・胎児専門医の基幹研修施設」です。3人の周産期(母体・胎児)専門医を中心にチームを構成し診療を行っています。
  2. 上述の医療ネットワークの責任施設として、高度管理を必要とする妊娠の診療を担当しています。
  3. 妊婦死亡の大きな原因である、前置・癒着胎盤に対する安全な手術法を開発しました。
  4. 奥越地域については、福井勝山総合病院との連携で、正常妊娠分娩も行っています。住民の皆さまに、「利便性」と「高度医療」を同時に提供しています。

悪性腫瘍部門

  1. 福井県で最初に、日本産婦人科学会から「婦人科腫瘍専門医修練施設」に認定された医療施設です。2人の婦人科腫瘍専門医、3人の細胞診専門医と5人のがん治療認定医が、チームを構成しています。
  2. 高度の骨盤外科手技(高度医療を参照)と、化学療法・放射線療法、病理診断に精通するスタッフが、病理専門医、画像診断専門医と、緊密な連携を取りながら診療を行っています。また、腫瘍専門医の育成に当たっています。

不妊・不育医療部門

  1. 不妊症の患者さんには、自然に近い形での妊娠を目指しています。同時に、必要な場合には、体外受精や顕微授精、凍結・融解胚移植などの高度生殖医療も積極的に行っています(最近の採卵当たりの妊娠率は約20%)。生殖医療専門医を中心にチームを構成し、診療を行っています。
  2. 流産を繰り返す不育症の患者さんに対して、妊娠初期の子宮血流を良くする抗凝固療法を応用することにより、約85%の患者さんが妊娠継続・出産に成功しています。

中高年女性ヘルスケア部門

総合診療部と共同で、更年期障害を中心とする中高年女性のヘルスケア全般の外来診療を行っています。

高度医療

周産期医療部門

前置・癒着胎盤に対する安全は帝王切開法を開発し実施しています。前置・癒着胎盤は、母体死亡の大きな原因です(福島県で妊婦が死亡し医師が逮捕に至りました)。この異常に対する安全な帝王切開法を開発しました。現在、紹介患者の手術を行うと同時に、全国医療施設への、この手術の指導・普及に務めています。

悪性腫瘍診療部門

  1. 子宮頸がんに対して、①手術前に化学療法で遠隔転移を制御し、②自律神経温存を考慮した系統的広範子宮全摘術を実施しています。
  2. 手術の前に、がんを正確に診断するためにFES-PET検査を取り入れています。
  3. 進行した卵巣がんの治療に温熱化学療法を取り入れています。

→ 遺伝性乳がん・卵巣がんのカウンセリングご希望の方( PDF 220KB )

婦人科診療部門

  1. 子宮の内腔に近い部分にある筋腫は、子宮鏡で取り除きます。高度の技術を必要としますが、すべての子宮筋腫手術の中で最も患者さんの負担が少ない術式です。
  2. 腹腔鏡下手術を積極的に導入し低侵襲の手術を心がけています。

不妊・不育医療部門

  1. 重篤な精子の異常がある場合、泌尿器科の専門医と連携し、精巣から採取した精子を、卵子に直接注入する顕微授精法(TESEICSI)を行っています。
  2. 体外受精による双子や三つ子を減らす目的で、5~6日間培養した受精卵(胚盤胞)を1つだけ子宮に戻す「単一胚盤胞移植」を行っています。

高度医療と関連した当院独自の検査

FES-PET検査は本学で開発された、女性ホルモン受容体の存在を画像にするPET検査で、現在、先進医療申請中です。

科長・スタッフ紹介

吉田 好雄

科長・教授
吉田 好雄
専門領域 婦人科腫瘍
黒川 哲司

副科長・准教授
黒川 哲司
専門領域 婦人科腫瘍
講師 折坂 誠 生殖・周産期
講師 高橋 仁 周産期
助教・病棟医長 品川 明子 婦人科腫瘍
助教・外来医長 津吉 秀昭 婦人科腫瘍
助教 大沼 利通 婦人科内視鏡
助教 山本 真 産婦人科一版
助教 川村 裕士 周産期
病院助教 山田 しず佳 産婦人科一版
病院助教 宮﨑 有美子 生殖
特命助教 玉村 千代 周産期
医員 上林 大岳
医員 富士井 杏子
医員 大森 由紀
医員 八代 憲司
医員 西野 千尋
医員 白藤 文

学会等認定制度による施設認定

学会等名 事項
日本産科婦人科学会 専門医制度卒後研修指導施設
日本婦人科腫瘍学会 専門医制度指定修練施設
日本周産期・新生児医学会 周産期(母体・胎児)専門医基幹研修施設
婦人悪性腫瘍化学療法研究機構 登録参加施設
日本生殖医学会 認定研修施設
日本婦人科内視鏡学会 認定研修施設

外来診察予定

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 【初診・再診】
吉田 好雄
〔産婦人科一般〕
〔腫瘍〕

【再診】
津吉 秀昭
〔産婦人科一般〕
〔腫瘍〕

玉村 千代
〔周産期 〕

【初診・再診】
黒川 哲司
〔産婦人科一般〕
〔腫瘍〕

【再診】
大沼 利通
〔腫瘍・内視鏡手術〕

山本 真
〔産婦人科一般〕
〔腫瘍〕

【初診・再診】
髙橋 仁
〔産婦人科一般〕
〔周産期〕

【再診】
宮﨑 有美子
〔産婦人科一般〕
〔不妊症〕

西島 浩二
〔産婦人科一般〕
〔周産期〕

【初診・再診】
折坂 誠
〔産婦人科一般〕
〔不妊症〕

【再診】
品川 明子
〔産婦人科一般〕
〔腫瘍〕

冨士井 杏子
〔産婦人科一般〕

【初診・再診】
知野 陽子
〔産婦人科一般〕
〔腫瘍〕

【再診】
折坂 誠
〔不妊症〕
〔周産期〕

川村 裕士
〔産婦人科一般〕
〔周産期〕

午後 【再診】
山田 しず佳
〔産婦人科一般〕
〔腫瘍〕
【再診】
担当医
〔1ヶ月検診 13:00~〕

【女性外来】
知野 陽子
〔骨盤臓器脱〕
〔尿失禁〕
(女性外来は泌尿器科外来にて診察します)

【再診】
品川 明子
〔腫瘍〕

Webサイト