医学研究支援センター

医学研究支援センターは、治験等(GCP、GPSPに準拠する治験、製造販売後臨床試験、製造販売後調査)を担当する治験管理部、臨床研究や先進医療など治験等を除く全ての医学系研究を担当する研究・開発推進部で組織され、人を対象とする医学研究全般を多方面から支援、推進する役割を担っています。

主な業務内容

治験関連業務の管理、他職種CRCによる支援

治験は新たな医薬品・医療機器を開発(申請)するために、関係法令を遵守して実施される臨床試験です。近年、日本だけでなく世界の国々と同時に実施する国際共同治験が増加しているため、より高度で複雑化する傾向にありますが、当センターでは薬剤師、看護師、臨床検査技師等、他職種のCRC(臨床試験コーディネーター)が一丸となってその質を確保し、ご協力いただく患者さんに決して不利益にならないよう十分配慮しながら、全力でサポートしています。

CRCによる同意説明補助

CRCによる同意説明補助

CRCによる臨床検査管理

CRCによる臨床検査管理

臨床研究の計画、実施等に関する相談応需

医師(医療従事者)主導で実施する人を対象とする医学研究(臨床研究)は、新たな医学の発展のため必要不可欠です。しかしながら、日常診療業務を行いながら倫理的、科学的な研究計画を立案し、適切に実施することは容易ではありません。そこで、当センターのスタッフが研究計画書作成時からご質問、ご相談に対応します。

先進医療の実施推進と患者申出療養への対応

先進医療とは、限られた医療機関でのみ実施可能であり、国が定めた高度な医療技術を用いた最新の診断や治療のことです。現在、複数の診療科が専門性を活かして実施している先進医療を全面的に支援し、さらに2016年4月に設立された患者さんからの申出を起点として先進的な医療を提供する患者申出療養制度にも速やかに対応するなど、当センターは特定機能病院としての役割を果たすために、多方面から先進的な医療を提供できる体制づくりに取り組んでいます。

研究関係者に対する教育・研修機会の提供

国が定めた「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」では、「研究者等は、研究の実施に先立ち、研究に関する倫理並びに当該研究の実施に必要な知識及び技術に関する教育・研修を受けなければならない」と定めています。そこで当センターでは教員を中心とした職員等が講師を務めて臨床研究講習会を定期的に実施し、さらに多職種の研究者にとって有益な教育・研修の機会となるよう幅広い分野から著名な学外講師を招聘して講演会等を開催しています。

研究計画に関する検討

センター長・スタッフ紹介

岩野 正之

センター長・教授
岩野 正之
専門領域
腎臓内科学・腎不全

治験管理部長・教授
後藤 伸之
専門領域
医薬品情報学・薬剤疫学・医療薬学

五井 孝憲

研究・開発推進部長・教授
五井 孝憲
専門領域
消化器外科・内視鏡外科・大腸外科・がん関連遺伝子

講師 坂下 雅文
講師 渡邉 享平
技術補佐員 渡辺 典子

Webサイト