病院の概要受診のご案内診療科・部門のご案内地域連携のご案内交通・施設のご案内

医療安全の取り組み

医療安全の取り組みの一覧へ戻る

安全対策について

 安全な医療を提供することは、病院の使命であり、社会的にも大きな責任があります。当院では、平成14年度に医療安全管理部を設置し、医療事故を防止し安全な医療を提供するため、次のように取り組んでおります。

安全な医療を提供するために

1.医療安全管理委員会

 病院内で発生した出来事などを収集・分析し、対策を決定したり、安全に関する職員の意識向上のための活動等を行っています。また、全病棟等にリスクマネージャーを配置し、医療の安全活動の推進を行っています。

リスクマネージャーがつけるバッジ

リスクマネージャーが
つけるバッジ

2.ヒヤリ・ハッとした事例等の報告制度

通常以外の出来事や事故につながる恐れのある事象等を報告する制度を実施しています。

3.事故調査制度

重大事故だけでなく、ヒヤリ・ハッとした事例も調査し、分析や対策につなげています。

4.他施設で発生した事故報道を通して予防活動

他施設で発生した事故報道を共有し、他人事で済まさず、当院では発生しないかを確認しています。

5.医療安全推進月間の実施

医療安全推進月間を設け、各部署で目標を立てて取り組んでいます。
また、当院の医療安全の取り組みを、ポスターや実演を通して、患者・ご家族の皆様にご理解いただけるようにしています。

6.医療安全に関する新聞の発行

医療安全管理委員会の決定事項やヒヤリ・ハッとした事例からの学び等をまとめて毎月新聞を発行し、医療者の意識向上や徹底につなげています。

このページの先頭へ

安全対策の実際

リストバンドを活用した医療事故防止対策

入院患者の皆様には、リストバンドをつけていただき、輸血事故・患者取り違え事故防止等につなげています。

写真:リストバンド

医療安全推進月間の活動

毎年11月を医療安全推進月間とし、各部署で目標を決めて医療事故防止にさらに取り組んでいます。

このページの先頭へ

医療安全管理指針

福井大学医学部附属病院の医療に係る安全管理指針

平成16年4月1日 病院長裁定
直近改正 平成29年9月19日

1 医療に係る安全管理の基本的考え方

 医療上の事故のない安全な医療を行うために、本院の医療従事者は最大限の注意を払いながら患者の診療にあたっている。
 しかし、「人間はエラーを起こすものである。」との前提に基づき、医療現場においてミスを起こさない環境を整えるとともに、患者の安全を確保し未然に事故を防止するための患者安全のシステムを確立することが必要である。
  本院では、医療に係る安全管理及び医療上の事故防止に関し病院長を中心に病院全体で取り組み、患者が安心して医療を受けられるために病院関係職員の質の向上を目指すとともに、医療上の事故等の未然防止を目指すものである。

2 医療に係る安全管理の体制

 本院では、医療の提供に際し、安全を確保し未然に事故を防止することが当然の責務であることを踏まえ、次の委員会等を設置し、医療に係る安全管理の体制を整えている。

  1. 医療安全管理責任者(副病院長(医療安全担当))は、医療安全管理委員会、医療安全管理部、医薬品安全管理責任者及び医療機器安全管理責任者を統括する。
  2. 医療安全管理委員会は、病院全体として各部門の壁を越えて医療上の事故防止・医療の安全性の向上に関する各種の重要事項を審議し決定する機関である。
  3. 緊急性判断会議は、オカレンス報告システムにより報告された影響レベル3b以上の医療上の事故について、緊急にオカレンス審議委員会を開催するかどうかを判断する機関である。
  4. オカレンス審議委員会は、緊急性判断会議で判断した医療上の事故について、調査・分析及び対応を審議する機関である。
  5. 医療事故調査専門委員会は、オカレンス審議委員会が必要と認めた医療上の事故について外部専門家を含め、原因を調査し、再発防止対策を検討する機関である。
  6. 医療安全管理部は、オカレンス情報の収集、調査、分析を行い、根本原因を究明し、その具体的な医療上の事故防止対策を図る組織で以下の業務を基準とする。
  7. @ 各部門における医療安全対策の実施状況の評価に基づき、医療安全確保のための業務改善計画書を作成し、それに基づく医療安全対策の実施状況及び評価結果を記録する。
    A 医療安全管理委員会との連携状況、院内研修の実績、患者等の相談件数及び相談内容、相談後の取扱い、その他の医療安全管理者の活動実績を記録する。
    B 医療安全対策に係る取組の評価等を行うため医療安全管理委員会の構成員及び各部門の管理担当者が参加するカンファレンスを週1回程度開催する。
  8. リスクマネージャー会議は、医療安全管理委員会の決定事項をリスクマネージャーに周知徹底を図り、また、リスクマネージャーから医療上の事故防止のための意見を収集する機関である。
  9. ゼネラルリスクマネージャー(医療安全管理者)は、医療安全管理部に所属し、以下の業務を行う。
  10. @ 医療安全管理部の業務に関する企画立案及び評価を行う。
    A 定期的に院内を巡回し各部門における医療安全対策の実施状況を把握・分析し、医療安全確保のために必要な業務改善等の具体的な対策を推進する。
    B 各部門におけるリスクマネージャー(医療事故防止担当者)への支援を行う。
    C 医療安全対策の体制確保のための各部門との調整を行う。
    D 医療安全対策に係る体制を確保するための職員研修を企画・実施する。
    E 相談窓口等の担当者と密接な連携を図り、医療安全対策に係る患者・家族の相談に適切に応じる体制を支援する。
    F その他職員に対し医療に係る安全管理に関する意識の向上や指導を行う。
  11. 医薬品安全管理責任者は、医薬品の使用に係る安全管理のための業務を行う。
  12. 医療機器安全管理責任者は、医療機器の使用に係る安全管理のための業務を行う。
  13. リスクマネージャーは、所属する各部門のオカレンス情報を把握し、所属長および医療安全管理部に報告する。
    また、医療に係る安全管理に関する事項について、所属職員に周知徹底を図る。
  14. 組織横断的診療に関わる医療チームは、オカレンス報告システムにより報告された影響レベル3b以上の特定の疾患分野の医療上の事故について、専門医の立場から診療支援及び助言を行う組織である。
3 職員研修に関する基本方針

 病院関係職員の医療に係る安全管理に関する意識の高揚及び医療の質の向上を図るため、医療安全管理に関する研修を年2回以上実施する。

4 医療に係る安全確保の改善方策に関する基本方針

 医療上の事故を防止するためには、病院内で発生したすべてのオカレンスに関する情報を収集し、原因の分析・改善策について検討を行い、その改善策について病院関係職員全員にフィードバックして周知徹底を行う「オカレンス報告システム」を確立することにより再発防止を図る。
 また、病院関係職員がオカレンスを報告しやすい環境を整える。

5 医療上の事故等発生時の対応に関する基本方針

 病院関係職員は、常日頃患者の生命を守るために最善を尽くしているが、医療上の事故が発生した場合は、病院全体の組織として判断を行い、医療行為の倫理性、透明性を確保し、迅速かつ適切な対応を行う。
 また、医療上の事故等発生時には、医療上の最善の処置を講ずることはもとより、病院長への報告、患者及び家族への説明等、誠意を持って対応するとともに、公表するにあたっては、プライバシー保護に十分配慮する。具体的には「医療安全管理マニュアル」の医療上の事故発生時における対応に沿って対応にあたるものとする。

6 医療従事者と患者との間の情報の共有に関する基本方針(患者等に対する当該指針の閲覧に関する基本方針を含む。)

 患者が安心して医療を受けられるよう医療従事者と患者との間で情報を共有するために、福井大学医学部附属病院ホームページ上に本院の医療安全への取り組み及び医療に係る安全管理指針を掲載するものとする。
 また、医療従事者と患者とが診療に関する情報を共有するために、患者の申し出により、診療情報を積極的に提供するものとする。

7 相談への対応に関する基本方針

 患者からの相談に適切に対応するために、院内に患者相談窓口を設置し、相談に応じることができる体制を確保するものとする。
 また、相談により患者及び家族等が不利益を受けないよう配慮する。

8 その他医療安全の推進のために必要な基本方針

 医療の安全管理を推進するため、随時「医療安全管理マニュアル」の見直しを図り、新しい情報を提供する。
 また、高難度新規医療技術等の導入プロセス及び医薬品等の管理体制の強化を図り、患者に適正な医療を提供する。

福井大学医学部附属病院医療安全管理業務監査委員会委員

委員名 所属 委員長 選定理由 利害関係
谷内江 昭宏 国立大学法人金沢大学附属病院  医療安全管理部
医療に係る安全管理に関する識見を有する者
吉川 奈奈 杉原・きっかわ法律事務所   法律に関する識見を有する者
草桶 秀夫 福井工業大学   医療を受ける者の立場から意見を述べることができる者

■ 平成29年7月12日(水)第1回福井大学医学部附属病院医療安全管理業務監査委員会を開催しましたので、委員会報告を公表します。

   福井大学監査報告書 ( PDF 134KB )

 

医療安全の取り組みの一覧へ戻る