病院の概要受診のご案内診療科・部門のご案内地域連携のご案内交通・施設のご案内
患者・ご家族の皆様へ医療従事者の皆様へ

概要(専門ドックのご案内) 受診のご案内


受診のご案内の一覧へ戻る

腫瘍ドック

健診案内

細胞の活動状態を視覚的にとらえ、より適切な治療方法を選択できます。

PET-CT腫瘍ドックの目的

 PET-CT腫瘍ドックの目的は、全身のがん細胞の増殖を早期にとらえることです。データによると、がんの発見率は他の画像検査の8倍以上といわれています。腫瘍マーカーや超音波等の全体的な検査データを参考にして、専門医による治療又は予防のための適切なアドバイスをします。
【検査範囲】頭部〜大腿部

写真:腫瘍ドック
写真:腫瘍ドック
イメージ:腫瘍ドック
このページの先頭へ

健診日程及び腫瘍ドックスケジュール

健診日程
   
腫瘍ドックスケジュール
9:00 来院・検査前説明
9:10 超音波断層撮影
9:30 基本検査・採血
10:00 PET−CT検査の説明
11:00 FDG薬剤投与
(薬剤投与後は60分安静待機)
12:00 PET-CT検査開始
12:30 PET-CT検査終了
13:00 食事
14:00 結果説明
14:30 健診終了

※参考時間です。

健診料金(税込)

PET単独コース
88,560 円
PET腫瘍コース
124,200円
PET腫瘍(胃内視鏡付)コース
<木曜日のみ>
140,400 円
PET腫瘍(乳房・婦人科検査付)コース
<金曜日のみ>
133,380円

※腫瘍ドック(PET-CT)と脳ドック(3T-MR)を同時に申し込まれた場合には、合計金額より3,240円お安くなります。

このページの先頭へ

Q&A

質問

PET−CT検査で、すべてのがんはわかりますか?

答え

早期胃がん、肝細胞がん、腎がん、膀胱がんなどPET−CTでも発見しにくいがんが存在します。また、1cm未満の小さながんは発見できない場合があります。なお、炎症などがん以外の病気でも異常が発見されることがあり、確定診断のために他の検査が必要となる場合があります。以上のように、PET−CT検査にも限界があり、万能ではないことをご理解ください。

質問

放射線の被ばくの心配はありませんか?

答え

PET-CT検査での被ばくによる人体への影響はほとんどありません。例えばFDGを注射してPET-CT検査を1回受けますと、被ばく線量はおよそ4〜5mSv(ミリシーベルト)になります。これは、人が地球上で普通に暮らし、大地からの放射線や宇宙線、体内にある放射性元素によって被ばくする平均的な線量である2.4mSvよりやや多く、胃のX線検査4mSvと同程度です。

質問

PET-CT検査では、どのような薬を注射するのですか?

答え

PET検査では、FDG(フルオロデオキシグルコース)という放射線薬品が使われます。FDGは、細胞の栄養となるグルコース(ブドウ糖)をフッ素-18という放射性同位元素で標識して作られます。FDGは、本大学の高エネルギー医学研究センターで作られておりますが、安全性確保のため、純度試験や無菌試験を行い、これらに合格した薬のみを注射薬としてPET検査に用いています。

質問

検査前後で注意する事や食事制限はありますか?

答え

PET-CT検査では、血糖値が関与します。通常、検査6時間前からの食事制限となっていますので、朝食は抜いて検査にお越しください。(ただし、お茶・水など糖分を含まない飲み物は飲んでいただいても構いません。)検査後は、食事していただいて結構です。なお、MR検査については、特に食事制限はありません。

質問

PET-CT検査は、糖尿病でも受けられますか?

答え

糖尿病は、体内の血糖値が高いのが特徴です。糖尿病の方が検査を受けた場合には、FDGが筋肉に集まり、病巣への集積度合いが低下しますが、これは程度によって変わります。コントロール不能の方は、検出率が下がる可能性があります。そのため、糖尿病で治療中の方はPET-CTドックを受診する(絶食する)旨を主治医に伝えて、投薬の指示を受けてください。また、事前に当センター健診室までご連絡ください。

質問

異常が見つかった場合のその後の対応は?

答え

検査後当日の総合診断で異常が認められ、さらに精密検査や治療等が必要とされた場合には、確認のうえ、早急に当院の適切な診療科へ対診させていただきます。

ご予約方法及びお問い合わせ先

先端医療画像センター健診室

[ 専用電話 ] (平日/9:00〜17:00)
0776−61−8550

[ 時間外FAX ] (24時間受付)
0776−61−8550

このページの先頭へ
受診のご案内の一覧へ戻る