病院の概要受診のご案内診療科・部門のご案内地域連携のご案内交通・施設のご案内
患者・ご家族の皆様へ医療従事者の皆様へ

受診のご案内 検査のご案内

受診のご案内の一覧へ戻る

光学医療診療部

概要

光学医療診療部は内視鏡(カメラ)を用いて検査や処置を行う部署です。
検査内容として、上部消化管内視鏡検査、下部消化管内視鏡検査、超音波内視鏡検査(EUS)、胆膵内視鏡検査、気管支鏡検査を行っております。
内視鏡を用いた治療として、食道・胃または大腸における内視鏡的粘膜切除術やポリペクトミー術、内視鏡的止血術や食道胃静脈瘤治療、また、胆道・膵臓領域の結石治療、がんによる黄疸に対する減黄治療等を行っております。 安全かつ苦痛のない検査が行なわれるように最大限努めております。

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ検査)

検査の予約について

内科または外科外来で検査日を予約していただく場合が多いのですが、外来受診当日、朝食を抜いてきていただければ、その日に検査を受けていただくことも可能です。(検査件数により検査終了時間が遅くなる場合もありますので、時間に余裕を持ってお越しください。)

検査を受けていただく方へ

検査前日の夕食は軽めに、夜10時以降、食事はとらないでください。検査前日の飲酒は控えてください。

↓

検査当日は起床時より水分も食事もとらないでください。普段服用している薬剤につきましては、主治医にご相談ください。

↓

予約当日は、外来受付後、直接光学医療診療部までお越しください。検査は予約時間で行いますが検査内容や担当医により順序を変更させていただくこともありますのでご了承ください。

検査を始める前に

検査を始める前に名前と生年月日を確認いたします。麻酔薬使用によるアレルギー歴、心臓、眼および前立腺の病気の有無につきまして確認いたします。血が固まりにくい薬剤(バファリン、バイアスピリン、ワーファリン、パナルジン、プレタールなど)が医師より処方されている場合は申し出てください。
以前検査がつらかった方や、初めての検査でとても不安が強い方は、少し眠る薬剤を注射して行うことが可能です。希望される方は検査前にお話ください。薬剤を使用した場合は、検査後に1〜2時間ほどベッドで休んでいただく必要があります。薬剤の注射を行った場合は、車の運転は危険ですので、同伴者が必要となります。

前処置について

  1. 胃内の泡や粘液を少なくする白い液体を飲んでいただきます。
  2. 麻酔のお薬を口の中に2分間含んでいただき喉の麻酔をします。
  3. 胃の動きを抑える注射をします。

検査について

内視鏡検査は5〜15分間で終了します。
検査中に青色の色素を胃内に撒くことがあります。その際、翌日の尿が少し青くなることがありますが、体に影響はありません。

検査写真

検査を少しでも楽に受けていただくには

  1. 検査前の咽頭麻酔が大事だと思います。
    (できるだけ喉の奥に溜めてください)
  2. カメラでは喉をとおる時と胃から十二指腸へ進んでいく時がつらいと思いますが、それ以外では喉を絞めないように力を抜いていただければ意外と大丈夫です。
  3. 力を抜いていただくには、目を開けて壁もしくは画面などを見ていてください。(目を閉じると自然に喉の力がはいります。)ただし、画面に夢中になり、唾を飲み込んでしまい、むせてしまう方もおられますので、検査中、唾は飲み込まずにダラダラと出してください。

検査後について

咽頭麻酔がかかっていますので、検査後1時間は水分や食事の摂取はしないでください。また、検査中にカメラから空気を胃内に送り込んでいますので、腹部膨満感が出現しますが、放屁とともに改善します。検査中に胃の一部から組織を採ることがあります。その場合は、検査当日、飲酒や刺激物の摂取は控えてください。

※検査後、腹痛や黒い便が出るなどの体に異常がありましたら、平日9:00から17:00までは担当科外来、夜間および休日は救急部までご連絡ください。
(電話番号 0776-61-3111)

このページの先頭へ

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ検査)

検査の予約について

この検査は、全大腸をカメラで監査する検査です。検査は、予約制で行っております。検査前に下剤の処方を必要としますので、検査の予約の際には医師の診察が必要です。下血などの症状を訴える方が受診された場合は、当日行う場合もあります。この場合、外来で浣腸を行い、肛門から全大腸の長さの3分の1ほどを観察するS状結腸検査を行います。

検査を受けていただく方に

検査前日の夕食は軽めに、きのこやこんにゃくなど消化されにくい食べ物は控えてください。夜10時以降、食事はとらないでください。水分はかまいませんが、検査前日の飲酒は控えてください。寝る前に外来医から処方された下剤を服用してください。

↓

検査当日は、少量の水分、お茶はかまいませんが、朝食はとらないでください。普段、朝に服用している薬剤につきましては、主治医にご相談ください。

↓

予約の方は、検査を予約した外来受付をし、外来にて前処置の薬剤を服用していただきます。

前処置について

外来に来られたときに、起床後排便がなかった方やお腹の張りがある方は、看護師にお話ください。特に体調不良がなければ、検査の前処置を始めます。

↓

腸の内をきれいにするため約2Lの検査用のお水を約1〜2時間かけて飲んでいただきます。飲み始めて約1時間後から排便が始まります。便が黄色透明の水様になれば前処置は終了です。お水を飲んでいる時や飲み終えてから、腹痛や嘔気が出た場合は看護師にお伝えください。また、トイレに行ったときは、便の状態(形、色など)を覚えておいてください。(看護師が後ほど確認のため伺います。)

検査を始める前に


検査を始める前に名前と生年月日を確認いたします。麻酔薬使用によるアレルギー歴、心臓、眼および前立腺の病気の有無につきまして確認いたします。血が固まりにくい薬剤(バファリン、バイアスピリン、ワーファリン、パナルジン、プレタールなどがよく使用されています。)を処方されている場合は申し出てください。

検査について

検査は約1時間で終了します。前処置の具合や体格などにより、検査時間は短縮もしくは延長することがあります。検査中に体の向きを変えていただくことがありますが、その際は検査施行医から説明があります。検査中に青色の色素を大腸内に撒くことがあります。その際、検査後の排便に青色が混ざりますが、人体に影響はありません。

検査後について

大腸を観察するために腸内に空気を送り込みますので、検査後、腹部膨満が多少ありますが、放屁により改善いたします。腹痛や腹部膨満などの症状がなければ、検査後、軽食をとっていただいてかまいません。検査中に大腸の一部から組織を採取することがあります。その場合は、検査当日の飲酒や刺激物の摂取は控えてください。

※検査後、腹痛や下血などの体の異常がありましたら、平日9:00〜17:00では内科外来に、夜間および休日は救急部までにご連絡ください。
(電話番号 0776-61-3111)

このページの先頭へ

超音波内視鏡検査

超音波内視鏡検査とは

超音波内視鏡検査は、先端に超音波端子のついた特殊な内視鏡や内視鏡から超音波プローブという細い器具を使って、胃や大腸の腫瘍の大きさや深さなどを調べる検査です。また、胆嚢や膵臓領域の精密検査としても行います。

検査の予約について

検査は、予約制です。外来主治医から検査の必要性について説明があります。

イメージ

検査について

検査の前処置や前日の注意点は、胃カメラ検査および大腸カメラ検査と同じ内容です。検査時間は約30分かかります。基本的に少し眠る薬剤を注射して行いますので、検査後1〜2時間ほどベッドで休んでいただく必要があります。検査後は、車の運転は危険ですので、同伴者が必要となります。

検査後について

検査後の症状や注意点は、胃カメラ検査および大腸カメラ検査と同じ内容です。

※検査後、腹痛などの体の異常がありましたら、平日9:00〜17:00までは内科外来に、夜間および休日は救急部までご連絡ください。
(電話番号 0776-61-3111)

このページの先頭へ

光学医療診療部の看護師から検査を受けていただく方へ

光学医療診療部には、専任の看護師3〜4名がおり、検査前の準備と確認、検査中の介助、検査後の注意点の説明など検査の始まりから終わりまでお世話と介助を行っています。お一人、お一人の患者さんのお話をよく伺い、患者さんが少しでも緊張を和らげることができて、安楽に検査を受けられるように説明・援助させていただくよう心がけております。

受診のご案内の一覧へ戻る