病院の概要受診のご案内診療科・部門のご案内地域連携のご案内交通・施設のご案内
患者・ご家族の皆様へ医療従事者の皆様へ

受診のご案内 検査のご案内

受診のご案内の一覧へ戻る

臨床系検査部門

概要

 このページでは、主に臨床検査技師が携わってる検査についてお話しましょう。
 検査は、医師が患者の皆様から症状をお聞きしながら診察した上で病気を推測して依頼されます。また、病気の経過観察、治療効果の判定などにも用いられます。
 検査を大きく分類すると、患者の皆様からお預りした血液、尿などからいろいろな成分を調べる検体検査と直接患者の皆様が体験する生理検査があります。

このページの先頭へ

検体検査

血液検査

 血液検査は、患者の皆様から採血された血液を検査します。採血には真空採血管を使用しており、針を1回刺して数本の採血管が連続して血液を採ることができます。採血する本数は、医師より依頼された検査に基づき行われます。
 採血管の種類により検査するものが異なります。採血管を簡単に分類すると、血液が固まらないようにするもの(抗凝固入り)と逆に血液を固まらせるもの、検査するまで成分を安定化するものがあります。
 血液を固まらないようにした採血管は、主に血液中の赤血球、白血球、血小板の数など血球に関する異常を調べます。また、採血管は別ですが、液体成分(血漿)を分離して血液の凝固に関係する異常を調べます。
 血液が固まる採血管は、固まるのを待って液体成分(血清)を分離します。主な検査は、ナトリウム・カリウム・カルシウムなどの電解質、AST・ALT・LDなどの酵素、コレステロール・中性脂肪などの脂質、蛋白、尿素窒素、クレアチニン、ビリルビン、感染症(肝炎ウィルス、梅毒など)、がんマーカーやアレルギーなど多くの検査に用いられます。
 検査する成分を安定化する採血管は、主なものに糖(グルコース)検査用があります。正確な血糖値を調べる時に用います。

写真:血液検査

 

 

尿検査

 尿は、身体の余分な水分や老廃物などが排泄されたものです。試験紙を用いた簡単な検査や蛋白・糖などの量を検査します。尿に蛋白が多く出ていた場合は腎臓の病気が、糖が出ていた場合は糖尿病が疑われます。

細菌検査

 細菌検査は、感染が疑われた場合に行います。検査は、細菌がはびこっていそうな部位から採取します。検査材料は、膿、分泌液、咽頭ぬぐい液、血液、尿、糞便などです。検査は、細菌の同定のほかにどのような薬が有効かなどを調べます。

このページの先頭へ

生理検査

 生理検査は、直接患者の皆様の身体を対象にする検査です。医師と臨床検査技師が協力して検査にあたっています。

心電図検査

 心電図検査は、胸と手足に電極をつけ、心臓の電気的変化を捕らえて図形化したものです。不整脈・狭心症や心筋梗塞などの診断に用いられます。また、患者さんの症状により、階段を上り下りするマスターの2段階試験やベルトの上を歩くトレッドミル試験など、心臓に負荷を与えることによって、通常の心電図検査で発見されないような心臓の異常を発見する検査です。その他に日常生活中の不整脈や狭心症などを診断する携帯型の心電図検査機器(ホルター心電図)もあります。

呼吸機能検査

 空気中の酸素を取り込む肺の働きを調べる検査です。喘息・肺気腫などの肺疾患の診断や手術前に測定します。この検査では、臨床検査技師は大きな声を出して合図します。正確な肺の機能を調べるためですので、いっしょにがんばりましょう。

超音波検査

 エコーの検査と言ったほうがわかりやすいでしょうか?探触子と呼ばれる超音波を出す器具で身体の中を見る検査です。甲状腺、頸部・血管、上腹部、乳腺、骨盤腔や心臓などの診断に用います。特に心臓のエコーについては、形・大きさ・動きに加えて血液の流れの状態を見ることができ、先天性心疾患・冠動脈疾患・弁膜症などの診断に有用です。

脳波検査

 脳波検査は、頭皮に電極を貼り、脳からの電気的変化を捕らえて記録するものです。てんかんや脳腫瘍の診断、脳血管障害や意識障害の程度などがわかります。

筋電図検査

 筋電図検査は、筋肉が収縮するときの電位変化を測定するものです。神経障害の有無の評価に有用です。

神経伝達検査

 神経伝達検査は、神経の興奮が伝わる速度を測定するものです。神経障害の有無の評価に有用です。

誘発電位検査

 誘発電位検査は、刺激によって脳内に起こる電位変動を測定するものです。

輸血検査

 輸血検査は、血液検査と同じように血液を採取して調べます。検査は、血液型(ABO式・Rh式)の検査や患者の皆様に輸血しても安全な血液かどうか調べます

病理検査

 病理検査には病理組織検査と細胞診検査があります。病理組織検査は、患者の皆様から医師が採取した組織を薄切、染色し標本を作製したのち顕微鏡で観察を行い病理医によって病気の診断が行われます。細胞診検査も患者さんから採取された検体(婦人科材料、痰、尿等)から標本を作製し染色を行い顕微鏡で異常な細胞の有無を調べ診断を行います。この検査は専門的な知識を有する細胞検査士と細胞診指導医が行います。

このページの先頭へ
受診のご案内の一覧へ戻る