病院の概要受診のご案内診療科・部門のご案内地域連携のご案内交通・施設のご案内
患者・ご家族の皆様へ医療従事者の皆様へ
ホームへ戻る

2015イベント一覧

5月12日の看護の日・看護週間に各種イベントを行いました。

 本院では5月12日の看護の日にあたり平成28年5月11日(水)〜13日(金) の看護週間に各種イベントを行いました。 看護週間は毎年この時期に実施していますが、今回は初めての試みとして、臨床美術士(クリニカル・アーティスト)と一緒にクレヨンや絵の具を使ってのポストカード作りを企画しました。
 臨床美術は主に認知症高齢者、MCI(前認知症の人)などを対象に実施されており、その活動が注目されています。  また、AED講習会では実技を行ったり、災害に対する日頃の備えと題したミニ講演ではクイズ形式で災害の心構えを学び、参加者は有意義な時間を送りました。  
メディカルラリー2 メディカルラリー1  
メディカルラリー

2016.03.13 平成27年度院内メディカルラリーを実施しました。

 メディカルラリーとは、医師、看護師、救急隊員・消防隊員からなる医療チームが仮想の災害救急現場において、模擬診療の技術を競い合う競技会のことです。今年度は3月13日に実施され、各病棟・部門等から、医師1名と看護師3名で構成される18チームが参加、午前と午後の部に分かれて模擬診療の技術を競い合いました。
 チームは限られた時間内でいかに迅速に正確に活動できるかが評価され、その結果、午前の部では西3階チームが、午後の部は南4階チームが優勝しました。また、パフォーマンス賞も設けられ、真剣な中にも楽しい様子が伺え、とても有意義な競技会となりました。  
メディカルラリー2 メディカルラリー1  
メディカルラリー

2016.03.06(日) に「世界腎臓Day啓発イベントin福井〜あなたの腎臓大丈夫?〜」がエルパホールで開催されます。


2016.03.05(土) に女性の健康習慣セミナー「女性の健康ケアで活力アップ」を開催します。


参加ご希望の方は、ポスターの申し込み方法によりメールでお申し込みください。
多くの方のご参加をお待ちしております。

肺の日市民公開講座

拡大版(pdfファイル)はこちら


2015.12.20(日) に前立腺疾患市民公開講座を開催します。


2015.12.25(金)
クリスマスコンサート2015が開催されました。

日 時 12月25日(金)
時 間 15:00〜16:00
場 所 A棟1Fアメニティホール
     (ローソン前)

曲 名 もろびとこぞりて
     サンタが街にやって来る
     赤鼻のトナカイ
     クリスマスイヴ  を含むクリスマスメドレー

 フルートとマンドリンによる美しい音色が院内に響き、多くの患者さんにクリスマスソングを楽しんでいただきました♪

クリスマスコンサート2015クリスマスコンサート2015

2015.12.20(日) に日本循環器学会北陸支部市民公開講座がAOSSAで開催されます。


2015.12.20(日) に前立腺疾患市民公開講座を開催します。


2015.11.25 キャリア形成研修プログラム「ママナースCAFÉ」を開催しました。

 本院看護部では、育児休業制度や出産後の短時間勤務制度を導入し、ママになっても働きやすい環境整備に取り組んでいます。
 このたび、育児休業中及びこれから出産を迎える看護師を対象に、看護部ワークライフサポートチームがキャリア形成研修プログラム「ママナースCAFE」を開催しました。早くから人生設計を具体的に描き、実践できる準備をしてもらうために企画したもので、約60名のママたちが子どもたちと一緒に参加しました。
 「復帰して元のように働けるか」「これから自分の生活ってどうなるのか」等の仕事復帰や子育てへの不安・戸惑いなど同じ悩みを抱えているママたち同士、一緒にゆっくりお茶を飲みながら語り合ったり、生涯にかかるお金の話や、先輩ママたちの体験談などを聞きました。 キッズルームでは、ママたちと離れ離れになった子どもたちを看護師長らが必死であやしながら、参加者たちにエールを送っていました。 参加者からは、「直接、現場に復帰した先輩ママの話が聞けて良かった。」「これからの生活がイメージ出来た」等の感想が聞かれ、有意義な時間となりました。  
ママナース1 ママナース2  
ママナース4 ママナース3

2015.11.21-22 福井レジデントキャンプ2015が開催されました。

 本院において11月21日と22日の2日間にわたり福井レジデントキャンプ2015が開催されました。
 これには主に県内の医療機関で勤務する研修医約40名が参加し、実技研修を通じてレベルアップを図りました。ドクターGでおなじみの独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)特別顧問の徳田安春先生と諏訪中央病院総合内科の山中克郎先生による特別講演を始め、心臓エコーやエコーガイド下CVライン挿入の実技研修やER症例検討のほか、少人数研修として、怒涛のサーキットトレーニングと題したゲーム感覚で楽しく診断力を高めるプログラム等、有意義な研修が行われました。 
 

レジキャン1レジキャン2

「世界エイズデー」の活動の一環として公開講座を開催します。


2015.11.07(土)に外科手術体験セミナー」が開催されました。


 11月7日(土)に本院において「外科手術体験セミナー」が開催され、県内10の高校から高校1年生40名が参加し、実際の手術室で実習をしました。
 医師不足が進む中、尊い人の命を救う外科医の仕事に触れ、一人でも多くの生徒たちに外科医の仕事や医療に対する興味を抱く機会を与えられることができればという思いで、平成19年度からこのセミナーを開催し、今年で9回目になります。
 受講生はコースディレクターの講義の後、6グループに分かれて手術室で超音波メスでの鶏肉の切開や縫合糸を用いた縫合等を体験しました。 閉講式では修了証が手渡され、受講生から「一層医者になりたいという気持ちが強まった。」「これから勉強して必ず医学部に入り、病気の人を一人でも多く助けたい。」等の感想も寄せられるなど有意義なセミナーとなりました。

2015.12.19(土) に県民公開シンポジウム「がん診療最前線」を開催します。


2015.10.09キャンパスイルミネーション2015を開催しました。


 キャンパスイルミネーション2015が10月9日〜15日に開催され、9日に新病棟1階アメニティホールで点灯式が行われました。
 今年のテーマは「潜水」で、さまざまな表情をみせる海の中を潜るにつれ体感する空間の変化や違いなどを光で表現しました。
 点灯式では医学部学生による管弦楽団の演奏があり、参加した患者さんやご家族及び医療スタッフはひと時の安らぎと癒しの時を感じました。演奏の後に参加者のカウントダウンで点灯されたイルミネーションは周囲を明るく照らし、患者さんは笑顔で病室に戻られました。

 

2015.10.11(日) に福井大学医学部の暁祭でHIV出張検査を行います。


 どなたでも無料でHIV検査を受けることができます。 専門の医師・看護師が対応しますので、お気軽にお越しください。


   ◆ 日 時:10月11日(日) 10:00〜13:30(受付)
   ◆ 場 所:福井大学松岡キャンパス
           実習棟2階 多目的講義室 (吉田郡永平寺町松岡下合月23-3)
   ◆ 先着100名様
   ◆ 当日中に結果をお知らせします


拡大版はこちらからご覧ください。



2015.10.9(金) にキャンパスイルミネーション2015を開催します。


2015.11.22(日) に市民公開講座「みんなで知ろう 若年性アルツハイマー病」を開催します。


2015.11.08(日) に一般公開講座「母娘で考える子宮頸がん」を開催します。


がん患者支援チャリティーイベント「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2015」が開催されました。


 9月5〜6日にふくい健康の森において、今年で5回目の開催となるがん患者支援チャリティーイベント「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2015」が開催されました。リレー・フォー・ライフとは、患者さんとそのご家族をたたえ地域社会全体でがん征圧を目指すチャリティーイベントです。がんを克服した人や現在闘病中の人、その家族ら約300人が12チームに分かれて、400メートルトラックを夜通し交代で歩き続けるリレーウォークがあり、がんに向き合う勇気や感動を共有し連帯感を育みます。
 今年初めて病院間の垣根を越えた、がん患者・家族・支援者の交流会も開催され、例年にない盛り上がりがありました。そのままオープニングセレモニーに突入し、それぞれのチームが作成したフラッグを持って、参加者がトラックを一周した後、ステージでは、笑いヨガやゴスペル、ファイヤーパフォーマンス等々沢山のイベントが繰り広げられました。
 18時半からのルミナリエセレモニーでは、メッセージを託したキャンドル約650個に火が灯され、亡くなった人を偲び、がんと闘っている人たちへエールを送りました。ルミナリエのエンプティテーブルで誌の朗読もあり参加者は幻想的な雰囲気に包まれました。
 ナイトウォークで夜通し歩いた翌日は残念ながら雨模様でしたが、ケア帽子の講習会やシンガーソングライターのトークとライブがあり、最後に全員でラスト1周ウォーキングをして閉会となりました。

 ”実行委員会からのメッセージ”
   リレーはこの日だけのイベントではありません。
   1年間ずっと「がん」に向き合っています。
   一緒に時間を過ごし、花や緑を見ながらいい時間を過ごしたいと思っています。
 
  交流会の様子                                   みのり会のみなさん
  400mトラックをウォーキング中                        セラピードッグ「ラッキー」もウォーキング 
  エンプティテーブルの誌の朗読                         「HOPE」と描かれたキャンドル

2015.8.18〜21に看護部などによるインターンシップが実施されました。


 8月18日は福井県看護協会主催、また19日〜21日には本院看護部主催のインターンシップが行われ、総勢約100名の看護学生(大学3年生、専門学校2年生)及び既卒者が参加しました。
  白衣に着替えた参加者は、本院初の取り組みであるPNS(Partnership Nursing System)の様子が映し出された映像を鑑賞後、2〜3名のグループに分かれて病棟で実際に看護の体験をしました。参加者は病棟の特徴や看護業務の説明に熱心に耳を傾け、病棟での看護を体験しました。
 

2015.09.09に、平成27年「救急の日」救急広報フェアを実施します。

 
 9月9日に永平寺消防本部による平成27年「救急の日」救急広報フェアを本院正面玄関で実施します。
 この広報フェアは、住民の救急医療及び救急業務に対する正しい理解と認識を深め、救急車の正しい利用及び応急手当の大切さを広報することを目的としています。
 当日は、本院救急部看護師が1日救急隊長を務め、高規格救急資器材等の展示や救急資器材によるバイタル測定の体験を行います。また、AEDの取扱要領等の説明も行いますので、お時間のある方はどうぞお立ち寄りください。

2015.7.27に一日看護体験が行われました。


 7月27日に本院において一日看護体験が行われました。これには、将来医療に携わる仕事を希望する県内の高校生58名が参加。実際に白衣を着用し、看護現場の体験、先輩看護師の体験談の聴講、そして病院見学などのプログラムに取り組みました。 患者さんの足浴介助を行ったり、洗髪後の髪にドライヤーをかけるなど、実際の業務も体験しました。参加者は、直接医療に関すること以外の業務があることを知り、益々関心を持った様子でした。
 一日看護体験は、将来の進路決定の参考になるように、また看護の仕事を知ってもらうために県看護協会と県ナースセンターが毎年実施し、本院はこの時期に行っています。
オリエンテーション風景                               病棟での説明
PNSを体験                                      足浴介助体験 
先輩看護師の体験談聴講                             特別室の見学

2015.07.12(日) に「肺の日」市民公開講座を開催します。


第28回福井県母性衛生学会総会並びに学術集会及び市民公開講座が開催されました。

  6月21日に福井県母性衛生学会主催の第28回福井県母性衛生学会総会ならびに学術集会が、福井医療短期大学江上ホールで開催されました。また、学会に先立って20日にはアオッサの福井市地域交流プラザにおいて、学会では初の試みである市民公開講座を開催しました。
 市民公開講座では、聖マリアンナ医科大学の鈴木 直教授及び本学医学部看護学科の上澤悦子教授による特別講演が行われ、一般市民の方々を含む約70名の方々が熱心に聴講されました。
 翌21日の学会のワークショップでは、テーマを「周産期医療と先天異常」と題し、医師や看護師による症例報告及び金沢医科大学病院遺伝子医療センターの新井田要教授による「周産期遺伝医療の実際−今起きていること、これから起こること−」と題した特別講演が行われました。新井田教授は、遺伝診療の歴史や時代背景、母性保護法及び出生前診断(NITP)の今後の展開や問題点を整理することの重要性などを分かり易く述べられ、参加者からも意見や質問が出るなど、大変有意義な時間となりました。午後からの学術集会などを含めると約170名の参加があり、学会は成功裏に幕を閉じました。

2015.06.20(土) に福井県母性衛生学会では市民公開講座を開催します。


2015.03.08 市民公開講座「もっと知りたい!わたしのカラダin福井」を開催します。


2015.03.08 世界腎臓デーin福井「あなたの腎臓大丈夫?無料相談を開催します。

世界腎臓デーin福井


2015.1.28(水)
詩(うた)と音(ピアノ)のコンサートが開催されました。

日 時 1月28日(水)
時 間 16:00〜16:45
場 所 A棟1Fアメニティホール
(ローソン前)



曲 目  ・上を向いて歩こう
・涙そうそう
・Let it go〜ありのままで〜
・ふるさと
・また君に恋してる
他   
※入場は無料です。
詩(うた)と音(ピアノ)のコンサート 詩(うた)と音(ピアノ)のコンサート

ふくい医療産業創出研究会主催の医療現場見学会が行われました。

ふくい医療産業創出研究会主催の医療現場見学会1ふくい医療産業創出研究会主催の医療現場見学会2ふくい医療産業創出研究会主催の医療現場見学会3
  1月24日に本院でふくい医療産業創出研究会主催の医療現場見学会が行われました。 見学会は昨年に続いて開催されたもので、県内外16の企業・関係機関から19名が参加し、内視鏡部門、滅菌管理部門、手術室などの現場見学をはじめ、医療現場からのニーズ提供として手術部、栄養部、看護部からの説明及び先行の事例発表が行われ、参加者は熱心な様子で望んでいました。
医療関係者との交流による医療現場ニーズを把握することによって、今後成長が見込まれる医療産業分野において、本院としても県内企業の新たな事業展開を目指した産学官連携による技術開発、製品開発を推進していく予定です。