病院の概要受診のご案内診療科・部門のご案内地域連携のご案内交通・施設のご案内
患者・ご家族の皆様へ医療従事者の皆様へ
ホームへ戻る

2017イベント一覧

2017.11.14 「世界糖尿病デー」イベントを実施しました  

 本院の糖尿病サポートチーム「チームガンバロッサ」は、11月14日(火)に「世界糖尿病デー」にちなんだイベントを本院外来ホールにて実施しました。
 近年、糖尿病の患者さんや糖尿病が疑われる人が年々増加しており、糖尿病の予防、治療、療養を喚起する啓発運動の一環で行いました。
 会場では、血糖値が測れるコーナーや健康・栄養相談コーナーを設け多くの方が参加されました。 また、医師による「糖尿病ってどんな病気?」と題して、自覚症状の出にくい糖尿病に関するミニ講演を開催しました。

相談コーナー
ポスター展示

ミニ講演会
患者さんからのメッセージ

2017.11.3 実践研修「メディカルラリー」を開催しました

 11月3日(金)、臨床教育研修センターで実践研修「メディカルラリー」を開催しました。
  この研修は、患者急変時における対応能力向上と多職種の役割分担・連携の強化を目的に毎年開催しています。
 今年は、県内の6病院6チームを含む20チームが参加しました。
 研修に先立ち、林総合診療部長から急変対応の基本に関する講義がありました。
 その後、参加者は医師1名、看護師3名の計4名でチームを組み、指定された5つのシナリオステーションを順番に回り急変患者の診察や処置を行いました。各ステーションでは、ジャッジが評価・採点を行い、その総合得点で順位を競いました。
  どのチームも上位入賞を目指し真剣に取組み、有意義な研修となりました。

林総合診療部長の講義
患者急変時対応

災害現場での対応
表彰式の様子

2017.10.19 病院ボランティアとの懇談会を開催しました

 10月19日(木)、病院ボランティアの皆さんと病院長との懇談会を開催しました。
 懇談会に先立ち、病院長から日頃の活動に対し感謝の意を述べ、長年にわたりボランティア活動をされた 方に感謝状と記念品を贈呈しました。  
 懇談会では、ボランティア活動の中で気づいたことや日頃感じていることなどのご意見をいただきました。  
 今後も、ボランティアの方々にご協力をいただきながら、患者サービスの更なる向上に努めてまいります。



2017.10.19 第21回福井東特別支援学校五領分教室祭の開催について

 10月19日(木)、福井東特別支援学校五領分教室祭が行われました。
 この教室祭は、毎年この時期に開催し、子どもたちの学習発表や作品展示を行っています。
 また、今年初めて仁愛大学学生の桑島康郎さんによるマジックショーを行いました。ショーを見た子どもたち は、目の前で次々起きる不思議な出来事に夢中になっていました。この教室祭は、病室で治療中の子どもにも スカイプを通して配信され、短い時間でしたが子どもたちの笑顔がこぼれる楽しいひと時となりました。  

 下記の期間中、子どもたちの作品を展示しています。是非、この機会に足を運んでみてください。      
  
  1.展示期間:平成29年10月19日(木)〜27日(金)     
  2.会  場:本院 A棟1階ローソン横



2017.10.6  キャンパスイルミネーション2017点灯式を行いました

 10月6日(金)、医学部及び工学部学生による「キャンパスイルミネーション2017」の点灯式を行いました。
 始めに医学部管弦楽団によるバイオリンとチェロの演奏があり、参加者は美しい音色に聞き入っていました。
 その後、工学部学生のカウントダウンで、中庭のオブジェが一斉に点灯、光が雨に反射して幻想的な空間が広がりました。
 このイベントは下記の期間中開催しておりますので、是非、足を運んでみてください。

 期 間:10月6日(金)〜10月12日(木)
 時 間:18:00〜21:00
 場 所:A棟1階アメニティエリア前中庭



2017.9.3 腎患者交流会を開催しました

 9月3日、本院外来食堂において、腎臓の病気を持つ患者さんからの希望により「腎患者交流会」を開催しました。
 交流会では、バイキング形式で用意された料理を決められた品数だけ自分で取り分け、管理栄養士が各個人の食事内容をチェックし、食事制限内に収まっているか等の栄養指導を行いました。
 また、医師、薬剤師、管理栄養士から腎臓病に関する注意事項等について説明があり、参加者からは、積極的な質問がありました。
 参加者は、食事をしながらお互いに交流を深め、「同じ病気の方と話をできたのが良かった」との感想が聞かれ、終始和やかな交流会となりました。


用意された料理(主菜)

懇談の様子


医師による説明の様子

参加者の集合写真

2017.8.31  院内デイでバイオリンコンサートを開催しました

 本院では、平日の午後2時から3時に院内デイサービスを実施しています。入院患者さんの離床促進と楽しみを増やす目的で、歌やゲーム、ぬり絵などを行っています。
 8月31日は、特別イベントとして「バイオリンコンサート」を開催し、14名の入院患者さんが参加されました。
 コンサートでは、本院の看護師が「虫の声」「もみじ」「となりのトトロ」「崖の上のポニョ」など10曲を演奏しました。
 患者さんからは、「バイオリンを生で聴けて、とても良かった」「あったかい気持ちになりました」等の感想が聞かれました。



2017.8.3 一日看護体験を実施しました

 8月3日、本院では、平成29年度一日看護体験を実施しました。
 看護への理解と関心を深めるとともに、将来、医療職を目指す生徒に少しでも役立つよう、毎年この時期に開催しています。今年は、県内3高校から40名の参加がありました。
 参加した生徒達は、グループ別に行う病棟業務体験や先輩看護師の体験談の聴講などを行いました。
 体験後、生徒からは「オープンキャンパスでは経験できない看護業務を実際に見ることができて良かった」「改めて看護という仕事がいいと思った」等の感想が聞かれ有意義な時間を過ごしました。


オリエンテーションの様子

病棟でのカルテ記録見学の様子


赤ちゃんの沐浴見学の様子

先輩看護師の体験談聴講の様子

2017.7.20 病院食で地元特産の「ごまどうふ」を提供しました

 7月20日の病院食(夕食)で、食事制限のない一般食の方に「ごまどうふ」を提供しました。
 「ごまどうふ」は、栄養価が高く健康に良いとされていますが、通常提供している絹こし豆腐等に比べ、コストが高く病院食として提供していませんでした。今回、地元業者の協力により、大学病院のある永平寺町特産の「ごまどうふ」を初めて病院食に取り入れました。
 患者さんからは、「みそだれとよく合い美味しい」との感想が聞かれ、また、個別に行ったアンケートでも「もう一度食べたい」との回答が多数寄せられました。
 アンケート結果を踏まえ、本院では、正月などの行事食として「ごまどうふ」を取り入れたいと考えています。



2017.7.6 平成29年度第1回松岡地区防火訓練を実施しました

 7月6日、福井大学病院では、平成29年度第1回松岡地区防火訓練を実施しました。
 訓練は、昨年末に発生した小規模火災の現場を出火想定場所として行いました。
 火災現場に近い病棟においては、患者役の職員を避難させる訓練を行いました。
 訓練後、永平寺町消防本部の講評があり、今後、反省点を踏まえて訓練を行っていきます。


火災発生現場での初期消火の様子

病棟でのリーダーへの報告の様子


患者避難の様子

患者避難の様子

2017.5.10-12看護週間イベントを実施しました 

 5月12日の「看護の日」に合わせ10日(水)から12日(金)の3日間、本院外来ホールに おいて看護部による看護週間イベントを実施しました。
 会場では、血圧測定や看護相談の他に病院職員によるミニ講演会を開催しました。ミニ講演会では、各テーマについて担当職員から説明があり、参加された患者さんは、身近な話題に聞き入っていました。

 「ミニ講演会の内容」
  1.5月10日(水)「認知症になっても安心して暮らせる町づくり」
                              認知症サポーターキャラバン
  2.5月11日(木)「貴方にもできる!糖尿病予防」
                              糖尿病看護認定看護師
  3.5月12日(金)「地域包括ケアってな〜に?―安心して我が家で暮らすためにー」
                              ソーシャルワーカー


血圧測定と看護相談の様子

認知症ミニ講演会の様子


糖尿病予防ミニ講演会の様子

地域包括ケア ミニ講演会の様子

2017.2.22 つるつるお肌を作ろう!「アレルギー教室」を開催しました

 2月22日(水)、本院外来ホールにて小児アレルギーエデュケーター(PAE)による「アレルギー教室」を開催しました。
 教室では、小児のアトピー性皮膚炎のスキンケアと保湿剤の塗り方と題して、石鹸の泡の作り方、お肌の洗い方、お薬の量について説明がありました。
 泡の作り方では、患者さんが実際に泡を作り、適切な泡の堅さを体験してもらいました。
 また、保湿剤を塗った肌にティッシュペーパーがくっつくぐらいの量を目安にすると良いなど実践を交えた説明 に、参加した患者さんはメモを取りながら真剣に聞き入っていました。

※小児アレルギーエデュケーター(PAE)とは
 日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会認定の資格で、専門的知識と技術を活用し、コントロールの難しい アレルギー疾患の子どもさんやご家族の生活の質の向上に貢献することを目的に活動しています。


TOP