インターネットによる診療情報提供

インターネットによる診療情報提供システムの運用について

平成22年3月より、本院で紹介された患者さんの本院での診療内容(処方内容、検査、画像結果、情報提供書等・退院サマリー)を紹介元である地域医療機関の医師が、インターネット(24時間稼動)を利用して本院にアクセスして診療内容等を閲覧することにより、患者さんの情報を迅速かつ詳細に把握し、次回患者さんの診察時に最も適した質の高い診療を行えることを目的として運用を開始。

  • 利用される場合には、病院間での協定書締結が必要となりますので「説明概要」を一読のうえ、担当者にご連絡をお願いいたします。
  • 患者さんの個人情報については、福井大学医学部附属病院“個人情報保護方針”により、 厳正な運用管理を行っています。

インターネットによる紹介患者の診療情報提供について