永平寺町立在宅訪問診療所 在宅訪問診療について

在宅生活を支えるサービス

 自分らしくいつまでも元気に暮らしたい。これは、すべての人の願いです。
 介護が必要な状態になっても、自宅や介護施設などの住まいで「在宅医療」や「介護サービス」を受けることで、普段どおりの生活をおくることができます。自分の住まいを中心に、必要なサービスを受けることができる体制の充実を図ります。
 永平寺町立在宅訪問診療所は、在宅生活を支えるため、日常の健康管理から様々な疾患への対応や在宅ケアの充実に取り組みます。

 

総合診療専門医の育成

福井大学は、地域医療を担う総合診療専門医の育成を進めています

 少子超高齢社会の現在では、医療の守備範囲が、保健、福祉、介護にとどまらず、住環境や働き方など住民の生活全体にまでおよんでいます。住民の医療ニーズを様々な角度から把握し、課題を持ち、生活環境の向上に反映できる能力を備えた「総合診療専門医」の育成活躍が求められています。
 永平寺町立在宅訪問診療所でも、総合診療専門医養成プログラムである、「救急に強い総合診療医養成福井大学コース」の専攻医研修施設となっております。また福井大学医学部・附属病院の医学生・看護学生・初期研修医の研修施設にもなっております。研修などを通じ、医師・看護師等の育成を図り、地域医療への医療者の定着に取り組んでまいります。

在宅医療について ~元気と笑顔でともに~

 自宅で普段どおりに生活しながら、医療を受けられたらどんなに良いでしょう。
 通院することが様々な理由で困難な方、入院生活がつらい方や、入院を続けたくても、続けられない方、また、そのような方々とそのご家族のお手伝いを、近隣の医療機関、薬局、訪問看護ステーション等と連携して行います。

訪問診療を開始するまでの流れ

 

 

パンフレット

パンフレットはこちら