院内感染対策

院内感染とは、病院において様々な疾患を持った患者さんが、検査や治療・ケアを受ける状況下で、もとの疾患とは別にかかった感染症です。感染症は、人の身体に常在する微生物や外から入ってきた微生物によって起こります。微生物が身体の中に入ってきてもすべてが問題となるわけではないのですが、抵抗力の弱い患者さんにとっては問題となってくることがあります。
近年、医療の高度化や患者さんの高齢化、使用薬剤の多様化によって院内感染の高リスク化が問題になってきています。安全な医療を提供するために院内感染をできるだけ起こさないような対策が必要とされてきています。本院では、院内感染対策委員会実践的な活動をする感染対策チームを組織して院内感染対策に取り組んでいます。

感染対策チーム

感染対策チームメンバーは、感染管理認定医師、感染管理認定看護師を含む、医師・看護師・薬剤師・検査技師・栄養士・事務職員など様々な職種によって構成されています。チームが協力し合い、お互いの専門分野をもって感染対策に関する様々な事項の提案、実行、評価を行っています。

活動内容

1.院内感染発生の予防として

院内感染に関する検査データや患者さんの状態・治療・処置など種々の情報を収集して、解析と評価を行い、関連部署に感染対策の指導や助言、相談を行っています。また、院内感染対策マニュアルを作成し、各部署においてスムーズに感染対策が実行できるようにしています。

2.院内感染が発生したときには

院内感染が発生したときには迅速に対応し、院内感染が広がることを防ぐよう情報の収集と追跡調査、感染対策の助言などを行っています。

3.職員の健康管理

本院で働く健康管理も院内感染対策として重要です。患者さんから職員、職員から患者さんへの感染を低減するために努めています。

  • 針刺しをはじめ、血液暴露防止対策の実施と検討、暴露後の対応(B型肝炎ウィルス、C型肝炎ウィルス、エイズウィルス感染予防)などをしています。
  • 職員の流行性ウィルス疾患(麻疹・水痘・風疹・流行性耳下腺炎など)やB型肝炎、結核などの抗体検査やワクチンの投与をしています。

4.院内感染防止のための職員への啓蒙

手洗い指導

感染を予防すること、つまり外から入ってくる微生物を遮断するために一番重要で基本となることは手を洗うことです。簡単なことのようですが、徹底して行っていくことはかなり難しいので、適時、勉強会や啓蒙活動を行っています。

グリッターバグを使っての手洗いの確認

蛍光塗料を使って
洗い残しがないか見ています。

洗い残しがあると
光を当てたときに白く光ります。

研修会や講演会について

新入職者の研修をはじめ、新型インフルエンザの流行のときやワクチンの接種推進などのタイムリーな話題について講演会を行っています。

院内感染対策指針

福井大学医学部附属病院の院内感染対策指針

平成19年6月1日病院長裁定
直近改正 平成20年1月1日

1.院内感染対策に関する基本的考え方

医療従事者は、患者に最適な環境を提供しなければならない。患者及び病院関係職員が微生物感染を受けないよう、最大の努力をする義務を有している。そのためには感染防止の基本的知識を理解し、科学的根拠にもとづく日常の感染対策、感染症発症時の迅速な対応などを実践していく必要がある。院内感染の発生を防止していくためには、感染症の原因となる病原微生物の特徴を十分に理解し、対処していくことが重要である。特に微生物の感染源、感染経路を把握し、感染源に対する対策を行い、感染経路の遮断を行うことは感染管理の基本となる。安全な医療を実施するために感染対策としての標準予防策(スタンダードプリコーション)に加え、微生物の主要な感染経路を「接触」「飛沫」「空気」に分類し、それぞれの感染経路を遮断するための感染経路別予防策を行っていくものである。

2.院内感染対策に関する管理体制

本院では、医療の提供に際し、院内感染の防止並びに感染の拡大防止及び再発防止を図ることが責務であることを踏まえ、次の委員会等を設置し、院内感染対策の体制を整えている。

  1. 感染対策委員会は、病院全体として感染対策を確立し医療の安全性の向上に関する各種の重要事項を審議し決定する機関である。
  2. 感染制御部は、院内感染対策の実務を担当し、感染症に関わるサーベイランス、コンサルテーション、感染対策指導、感染対策関連のマニュアルの整備、医療従事者への教育、研究活動を行う機関である。
  3. 感染対策委員は、所属する各部門の感染症情報を把握し、感染制御部に報告する。
    また、感染対策委員会の決定事項について、所属職員に周知徹底を図る。
  4. リンクナースは、様々な院内感染対策を実践するために、看護師の立場から対応する組織である。感染管理看護師長と連携し、各看護単位の感染対策上の問題を抽出し実践する。感染対策委員会の決定事項、院内感染対策マニュアルの浸透を図る。
    また、サーベイランスの実施を行い感染対策に関する業務改善を行うとともに定期的にリンクナース連絡会を開催し、協議等を行う。

3.職員研修に関する基本方針

病院関係職員の感染対策に関する意識の高揚及び医療の質の向上を図るため、感染管理に関する研修を年2 回以上実施する。

4.感染症発生状況の報告に関する基本方針

院内感染の拡大を防止するためには、病院内あるいは病院外で発生し交差感染をきたし得る感染症に関する情報を収集し、経路の分析・拡大防止策について検討を行い、その防止策について病院関係職員全員にフィードバックして周知徹底を行う「感染症管理システム」を確立することにより院内感染の予防及び拡大防止を図る。また、病院関係職員が感染症を報告しやすい環境を整える。

5.院内感染発生時の対応に関する基本方針

病院関係職員は、常日頃患者の感染予防のために最善を尽くしているが、院内感染が発生した場合は、病院全体の組織として判断を行い、迅速かつ適切な対応を行う。

6.指針の閲覧に関する基本方針

患者が安心して医療を受けられるために、「福井大学医学部附属病院の院内感染対策指針」について、指針の趣旨とその内容を公開し、閲覧に供するものとする。

7.その他院内感染対策の推進のために必要な基本方針

院内感染対策を推進するため、随時「院内感染対策マニュアル」の見直しを図り、新しい情報を提供する。

病院について

病院について