高校生一日看護体験を実施しました 

 8月1日、高校生一日看護体験を実施しました。
 看護職員との交流や、病院での体験を通じて看護の心にふれ、看護の道を志すきっかけや進路選択の一助にしてもらおうと、毎年、開催しています。今年は、県内5高校から32名の参加がありました。
 白衣を着た参加者たちは、各病棟で先輩看護師に同行し、実際の看護師の業務や処置、患者さんへの接し方を見学したほか、昼食の配膳等を体験しました。
 また、病棟での体験後は、先輩看護師・助産師との交流会があり、看護師を志した理由、仕事のやりがいやプライベート、受験勉強法などについて、先輩からの話を参加者たちは熱心に聞いていました。
 参加者からは「病棟で働く看護師がどの患者さんにも笑顔で接している姿を見て、看護師になりたいという気持ちが強くなった」「食事配膳のときに患者さんから『ありがとう』『お疲れ様』と言ってもらえたことがうれしかった」等の感想が聞かれ有意義な体験になったことがうかがえました。

 

 

カテゴリー

カテゴリー

アーカイブ

アーカイブ