費用について

(1) 入院診療費は、包括医療費支払制度に従って料金計算します。

包括医療費支払制度とは、病名や手術、処置等の内容に応じて分類された「診断群分類(DPC)」に定められた 1 日当たりの定額医療費により計算する制度です。

(2) 自己負担割合及び限度額

  • 過去12か月以内に3回以上、上限額に達した場合は、4回目から「多数回」該当となり、上限額が下がります。
70歳未満
標準報酬月額
83 万円以上
252,600 円+( 医療費-842,000 円 )×1%
〈4回目~:140,100 円 〉
標準報酬月額
53~79 万円
167,400 円+( 医療費-558,000 円 )×1%
〈4回目~:93,000 円 〉
標準報酬月額
28~50 万円
80,100 円+( 医療費-267,000 円 )×1%
〈4回目~:44,400 円 〉
標準報酬月額
26 万円以下
57,600 円
〈4回目~:44,400 円 〉
低所得者 35,400 円
〈4回目~:24,600 円 〉
70歳以上
現役並みⅢ(※2) 標準報酬月額
83万円以上
252,600円+(医療費-842,000円)×1%
〈4回目~:140,100円〉
現役並みⅡ(※1) 標準報酬月額
53~79万円
167,400円+(医療費-558,000円)×1%
〈4回目~:93,000円〉
現役並みⅠ(※1) 標準報酬月額
28~50万円
80,100円+(医療費-267,000円)×1%
〈4回目~:44,400円〉
一般(※2) 標準報酬月額
26万円以下
57,600円
〈4回目~:44,400円〉
低所得者Ⅱ(※3) 24,600 円
低所得者Ⅰ(※3) 15,000 円
70歳以上の方の限度額適用認定証について

※1:所得区分が現役並みⅠ、現役並みⅡの方は「限度額適用認定証」を提示することで自己負担限度額までの支払いとなります。
※2:所得区分が現役並みⅢ、一般の方は「高齢受給者証」を提示することで自己負担限度額までの支払いとなります。
※3:所得区分が低所得者の方は「限度額適用・標準負担額減額認定証」の申請が必要です。

(3) 食事代は、食事療養費(1 食 640 円)の一部をお支払いいただきます。

一般所得者 1 食 460 円
低所得者Ⅱ
(直近 1 年間の入院日数 90 日以内)
1 食 210 円
低所得者Ⅱ
(直近 1 年間の入院日数 90 日超え)
1 食 160 円
低所得者Ⅰ
(老齢福祉年金を受給している場合)
1 食 100 円

(4) 特別室(個室)をご利用の場合は、以下の料金(1 日当り)が加算されます。

特別室 A 22,000 円(税込)
特別室 B 16,500 円(税込)
特別室 C 11,000 円(税込)
個室 D 7,700 円(税込)
個室 E 6,600 円(税込)
個室 F 5,500 円(税込)

(5)正常な出産の場合は健康保険が適用されないため、出産のための費用は全額自己負担となります。

(6)本院で出産される場合、出産育児一時金直接支払制度を利用することにより、出産費用の負担が軽減されます。

出産育児一時金直接支払制度とは

患者さんが病院と合意書を交わすことにより、保険者から出産費用が病院に直接支払われる制度です。