入院中の生活

(1)食事について

入院中の食事は病状に応じて作られておりますので、本院以外の食事はご遠慮ください。
給湯・給茶器については、病棟デイルームにありますのでご利用ください。
食事時間は次のとおりです。衛生上、時間内にお召し上がりください。

朝食 7:30 ~ 8:30
昼食 12:00 ~ 13:00
夕食 18:00 ~ 19:00

食事を楽しんでいただくため、朝食はご飯・粥のメニューとパンのメニューをご用意しております。また、牛乳は他の飲料に変更することができます。変更を希望される場合は、担当の医師、看護師、管理栄養士にお伝えください。ただし、食種によってはできない場合もありますので、ご了承ください。
本院はニュークックチルというシステムを採用しており、チルド保存された料理を器のまま再加熱して配膳しています。トレーや器が熱い場合がありますので、やけど等にご注意ください。
なお、食事と一緒に箸を提供しておりますが、食器と一緒に必ず返却してください。

(2)テレビ・冷蔵庫について

  • 各床頭台に設置しておりますので、テレビ・冷蔵庫の持ち込みはご遠慮ください。
  • これらをご利用いただくためには、専用の IC カードが必要です。
    *IC カードは、下記の①〜③に設置されている自動販売機にてお買い求めください。

     ① A 棟1階ローソン前
     ② B 棟1階エレベーターホール
     ③ B 棟2階談話室

    *ご利用されなかった分は、上記①または②で精算してください。
    *追加入金は、上記①②または各階談話室に設置してある入金機にて行うことができます。

  • テレビを見る際は、イヤホンを使用し、他の患者さんの迷惑にならないようご配慮ください。また、消灯後の利用は控えていただきますようお願いいたします。

(3)インターネットの利用について

本院では、インターネット接続サービスは行っておりません。
ただし、特別室・個室(有料)は、パソコンの持込により有線で対応しています。

(4)洗濯について

各病棟に設置されているコインランドリー(有料)をご利用ください。(使用時間 7:00~20:00)
*洗剤は各自でご用意ください。
*専用の IC カードもご利用できます。(購入方法は上記参照)
病室や洗面所での洗濯物の乾燥はご遠慮ください。

(5)回診について

回診日時については病棟で説明します。回診時はテレビを消して、ベッドでお待ちください。

(6)シーツ交換について

週1回シーツを交換します。シーツ交換前に、できるだけベッドの上の私物を片付けてくださるようご協力をお願いいたします。

(7)シャワー入浴について

シャワー入浴は主治医の許可が必要です。利用時間・場所については病棟スタッフにお尋ねください。

(8)患者さんの安全について

病院では、医療安全に努めておりますが、入院生活を安全に過ごしていただくため、患者さんに次のとおりご協力をお願いしています。

リストバンドの装着

入院中は、患者さんの氏名やID番号などを表示した、リストバンドの装着をお願いしております。医療のあらゆる場面で、リストバンドによる確認や、お名前をフルネームで名乗っていただく確認をしておりますので、ご協力をお願いいたします。
※リストバンド装着中に不都合があるときは、必ず病棟スタッフにご相談ください。

転倒やベッドからの転落防止

  • 転倒防止のため、足のサイズにあった、滑りにくい履物をご使用ください。
  • 床が濡れていると滑って危険です。すぐに病棟スタッフにお知らせください。
  • ベッドからの転落防止のため、ベッド柵を使用しておやすみください。お子さまは、目を離した隙にベッドから転落することがありますので、常時ベッド柵を使用してください。
  • ベッド柵の位置を変える際は看護師にお申し出ください。L字型の柵を使用している方は、指などをはさまないよう十分注意してください。
  • 床及びロッカーや柵の上に荷物類(花瓶、おむつ類など)を置かないようにご協力をお願いいたします。地震等の災害時に、落下による二次災害の恐れがあります。

行動制限(身体抑制)

治療上必要な時や安全確保のために、行動制限(身体抑制)をさせていただくことがあります。ご家族のご理解・ご協力をお願いいたします。

安全な入院生活を送るために

ベッドの使い方

  • 起き上がったらすぐに動かず、ひと息ついてから動きましょう
  • ベッドの上に立たないでください
  • ベッドの横に体を挟まないよう注意してください
  • ベッドのリモコンを操作する際には、体が挟まれないよう注意してください

車椅子の使い方

  • 動く時は足台に足を乗せましょう
  • 深く座りましょう
  • 足台を上げて乗り降りしてください
  • 動かないときはブレーキをかけてください

はきものや、点滴のときに気を付けること

  • 履きなれた靴、かかとのある靴を履きましょう
  • 段差・障害物に注意してください
  • カーテンのひっかかりに注意してください
  • オーバーテーブルなどの動く物には寄りかからないでください

(9)感染予防について

病室への入退室の際は、病室前にある備え付けの手指消毒液の使用、あるいは洗面所での手洗いにご協力をお願いいたします。面会の方にも、同様の手指消毒にご協力いただきます。
また、床には荷物を置かないようにしてください。床は不衛生であり、院内感染を広げる原因になります。入院中は必要最低限の物だけにしていただくようお願いいたします。
なお、感染予防のため、面会に制限のある病棟もございます。

(10)褥瘡(床ずれ)予防について

褥瘡とは、皮膚の同じ場所に一定時間以上の圧迫が加わったり、寝具と皮膚の摩擦やズレで起こります。ベッド上で過ごす場合や車椅子で過ごす場合など、状況によって予防方法もさまざまです。褥瘡を予防するために、医師をはじめ、看護師、管理栄養士、薬剤師、理学・作業療法士などがチームで取り組んでおります。
褥瘡予防のため、ベッド上での体位変換やベッドの上げ下げ、栄養状態の改善などの予防対策をいたしますのでご協力をお願いいたします。

(11)病室・病棟の移動について

患者さんの病状により、病室・病棟を移動していただく場合がありますので、ご協力をお願いいたします。

(12)ゴミの分別について

ベッド備え付けのゴミ箱があります。ゴミの分別にご協力をお願いいたします。

災害時の対応

  • 地震や火災など非常事態が発生した場合は、病院スタッフの指示に従って行動してください。
  • 非常事態が発生した場合は、エレベータは絶対使用しないでください。
  • 災害時の被害を最小限に又、避難経路確保のため、ロッカーや柵の上、床には荷物を置かないでください。
  • 避難経路図は各病室に設置してありますので、必ずご確認ください。

たばこ・酒の禁止

喫煙は治療の阻害要因となり、回復を遅らせる原因になることや、手術中・手術後に危険な状態が起こる可能性があることなどが報告されています。本院では、喫煙による生活習慣病と受動喫煙による健康被害防止(健康増進法第25 条)のため全敷地内を禁煙としており、病院に出入りするすべての方々にご協力をお願いしています。
また、入院中にお酒の持ち込みや飲酒も固くお断りしています。

*本院では禁煙外来を設け、たばこをやめたい方の支援を行っております。
 医師または看護師まで、お気軽にお問い合わせください。

暴言・暴力・迷惑行為の禁止

飲酒、喫煙、無断外出・外泊、賭けごと、ハラスメント、暴力などで他の患者さんの迷惑となる場合、または診療行為に支障をきたす行為があった場合は退院していただきますので、
あらかじめご了承ください。

写真撮影等の禁止

本院では、無許可での写真・動画撮影(カメラ・携帯電話・スマートフォン・ビデオ等)を禁止しています。

退院

退院は、治療上の理由等を除き、午前10 時(午前中)となりますので、ご協力をお願いいたします。