がんゲノム外来

1.がんゲノム外来の目的

 がんゲノム外来は、がん遺伝子検査について専門の医師から詳しい説明を聞き、検査を受けるかどうか患者さん自身が十分に考えたうえで決めることを目的としています。
 がんゲノム外来は、患者さんからの情報とかかりつけ医(主治医)の先生からの診療に関する資料(診療情報提供書等)に基づいて行います。

2.本院におけるがん遺伝子検査について

 本院における、がん遺伝子検査には下記の2つの検査があります。検査は御自身のがん組織を用いて解析を行います。がん組織は、手術や生検を行った際に採取されたものを使用します。がん関連遺伝子で起こっている遺伝子変異を一度に調べることができ、これらの検査から治療に役立つ情報がないか最新の情報技術を用いて解析を行います。この検査で見つかる薬剤の中には国内では未承認の薬剤や国内で承認済みでも保険適応されていない薬剤が含まれています。

NCCオンコパネル検査(先進医療B)
(参考:国立がん研究センター中央病院(先進医療B))

※ 国立がん研究センターとの、NCCオンコパネルを使った先進医療の症例件数が予定数に達したため、本院での先進医療としての実施は終了いたしました。

検査にかかる費用は約72万円(このうち一部を研究費で補てんするため患者さんの負担は約52万円)それ以外に必要な検査や診察にかかる費用の目安として約3万円(3割負担の場合)かかります。

対象者
 年齢が16歳以上の方で
 1. 外科的な治療の対象でない原発不明がんの方
 2. 標準治療をしている、もしくは、標準治療が終了した(する)固形がんの方

オンコプライム検査(自由診療)

オンコプライム検査について

費用は約92万円(保険診療の対象外となるため全額自費となります)

対象者
 対象者は問いませんが、腫瘍検体を必要としますのでご用意できる方に限られます

 上記の金額はいずれも、検査に関しての費用であり、その後の治療にかかる費用は含みません。
 また、民間の保険会社において先進医療特約、自由診療保険を扱っている会社もございますのでご確認くださいますようお願いします。

3.がんゲノム外来の料金及び診療時間

 自費 21,600円(税込)/1回(セカンドオピニオン料金)
 水曜日 9:30 ~ 12:00 (完全予約制)1時間程度

4.がんゲノム外来受診までの流れ

1)まずは、かかりつけ医(主治医)の先生に、がんゲノム外来を希望したいことをご相談ください。検査のための検体が必要となります。

2)がんゲノム外来への受診を希望される場合は、かかりつけ医(主治医)の先生に当院への紹介状(診療情報提供書)作成の依頼をしていただき、「がんゲノム外来申込書①及び②」、「がんゲノム外来受診同意書」とともにFAX(0776-61-8150)でお送りください。

 申込書及び同意書は下記よりプリントアウトが可能です。  

3)「がんゲノム外来申込書」にもとづき外来日時を決定し、担当者からがんゲノム外来受診日の連絡をいたします。

4)がんゲノム外来当日に持参していただくもの (事前に郵送いただく場合もございます)

  1. 患者さん本人の健康保険証
  2. 紹介状(診療情報提供書)の原本
  3. 下記に示す検査資料等(ご準備に時間がかかる場合、お申し出ください)
    • 血液検査の結果
    • レントゲン/CT/MRI検査などの画像
    • 病理検査報告書
    • ホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)標本
  4. 「がんゲノム外来受診同意書」の原本
    *患者さんが未成年または成年被後見人の場合などは、代諾者による同意が必要になります。

5)ご家族のみが来院される場合
 がんゲノム外来は、患者さんご本人の来院を原則としますが、同意書があればご家族だけでも利用可能です。「がんゲノム外来受診同意書」(患者さんが来院できない場合)原本をご持参ください。

5.来院当日の流れ

 上記の必要書類を持参し、予約時間の30分前に、外来ホール1階 総合案内にお越しください。手続きを行った後、お部屋にご案内いたします。

6.よくある質問

 Q&Aへ

 

*患者さんからの直接の予約は受け付けておりません。
*お電話での申込みは受け付けておりません。
*検査結果が出るまで1ヶ月~1.5ヶ月を要します。かかりつけ医(主治医)の先生とよくご相談ください。

お問い合わせ先 がん診療推進センター
TEL:0776-61-3111