リハビリテーション部

当部は理学療法、作業療法、言語聴覚療法の3つの部門から構成され、運動疾患リハビリテーション、脳血管疾患リハビリテーション、心臓大血管疾患リハビリテーション、呼吸器疾患リハビリテーション、がんリハビリテーション、廃用症候群リハビリテーション、摂食機能療法など幅広い診療を行っております。

診療体制・治療方針

理学療法部門では、発症直後あるいは手術直後からベッドサイドの早期リハビリを毎日実施することが可能であり、早期離床への効果を挙げています。個々の患者さんの問題点を明確にするとともに、残存機能を最大限に引き延ばすため、機能回復の予測をもとに、運動療法、温熱・電気刺激などの物理療法、装具療法、義肢作製などを、患者さんの状態にあわせて組み合わせた理学療法プログラムを作成し、効率的なリハビリテーション治療を行っています。最近では排痰を促進するためにカフ・アシストを用いた治療も行っています。

作業療法部門では、脳血管障害後遺症症例の早期リハビリテーションや、切断肢・指再接着術後症例・脊髄損傷症例に対するスプリント療法など、ADLで要求される技能獲得のための訓練を積極的に実施しています。

言語聴覚療法部門では、脳血管障害患者における失語症や構音障害、嚥下障害に対する評価および訓練、舌がん術後患者に対する構音・嚥下訓練を実施しています。また、聴覚障害患者に対しては補聴器のフィッティングや、平成12年度から本院にて行われている人工内耳埋め込み術後症例に対するマッピング、聴能訓練を実施しています。

歩行分析

脳年齢計

高度医療

運動器分野では、頸椎症性脊髄症、腰部脊柱管狭窄症、変形性関節症の病態や治療の評価として、歩行分析、筋力評価、膝関節動揺性測定を行っています。また、筋骨格系の動的評価として超音波診断装置を活用しています。脳神経疾患に対しても病態解明や効果判定の手段として、歩行を中心とした動作解析や筋電図評価を行っています。また、脳神経疾患に対する治療として機能的電気刺激療法を行っています。高次脳機能障害に対して、非侵襲性近赤外線酸素モニターを用いて前頭葉の活性化を検証しています。呼吸・心臓リハビリテーション分野ではガス代謝分析装置を用いた障害評価を実施しています。

機器・検査等

筋力強化および評価に際して負荷を一定にできるBiodexや歩行訓練には下肢への免荷が可能な歩行介助装置やトレッドミルがあります。さらに生体工学的な解析装置として、10台のカメラと4台の床反力計および筋電計から構成される三次元動作解析装置Vicon.nexusとテレメーター式筋電図装置が整備されています。代謝系の計測装置としてガス代謝分析装置やスパイロメーター・呼吸筋力測定装置があります。これらを用いて患者の皆さまに定量化されたデータをさらに視覚的に提示することで、治療効果を確認していただくとともに、リハビリテーションに対する動機付けを図り、良好な成績が得られています。

歩行介助装置

歩行介助装置

心リハ室

心リハ室

部長・スタッフ紹介

松峯 昭彦

部長・教授
松峯 昭彦
専門領域
骨・軟部腫瘍・運動器リハビリテーション・がん患者リハビリテーション

療法士長
嶋田 誠一郎

助教 髙橋 藍 運動器リハビリテーション・がん患者リハビリテーション
医師 山口 朋子 運動器リハビリテーション・心大血管疾患リハビリテーション・脳血管疾患リハビリテーション・呼吸器リハビリテーション・がん患者リハビリテーション

Webサイト