眼科

福井県における中核病院として、眼科全般にわたり隔たりなく診療を行っていますが、特に力を入れているのは、緑内障と糖尿病網膜症とまぶたの手術治療です。最新最良の検査機器を用いつつ、正確かつ綿密な診断に基づいた治療を提供しています。

診療体制・治療方針

当施設では、疾患ごとの専門外来を設けており、その疾患を専門に診療する医師によって、最新の医学知識に基づいた診断と治療を行っています。

当施設の専門外来は、以下の通りです。

  • 斜視弱視外来
  • 黄斑外来
  • 緑内障外来
  • ロービジョン外来
  • 糖尿病眼外来
  • 眼瞼外来

また、当施設で行っている手術は以下の通りです。

  • 眼瞼手術(眼瞼下垂、内反症、眼瞼腫瘍など)
  • 斜視手術(外転神経麻痺など眼筋麻痺に対する手術も行っています)
  • 角膜移植
  • 白内障手術(多焦点眼内レンズを含む)
  • 緑内障手術(線維柱帯切除術、線維柱帯切開術、チューブシャント手術、iStentなど)
  • 網膜剥離手術・硝子体手術(糖尿病網膜症、黄斑円孔、黄斑前膜、網膜剥離、硝子体出血、眼内炎など)

視能訓練士(国家資格)は5人勤務しており、医学の進歩によって登場した新しい診断機器による眼科特殊検査にも対応しています。ロービジョン外来も開設し、眼鏡をかけていてもぼやけて見える、まぶしくて見えにくいといった悩みをお持ちの方々のために、その人の持つ視機能を活かして日常生活の中に感じる困難を軽減する支援にも取り組んでいます。

高度医療

高度医療手術として当施設では、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術と緑内障チューブシャント手術と27ゲージシステムおよび非接触式眼底広角観察システムを用いた硝子体手術を行っております。多焦点眼内レンズを用いた白内障手術では、メガネなしで近くも遠くも見える特殊な眼内レンズを使用します。

緑内障チューブシャント手術は、バルベルト緑内障インプラントを用いた新しい緑内障手術であり、これまでの線維柱帯切除術では治りにくかった緑内障の病型に対して、この術式を選択しています。また、線維柱帯切除術に代わる新しいエクスプレス濾過手術やiStentも行っています。

硝子体手術においては、非接触式眼底広角観察システムを用いることで、より安全な手術が可能です。また、より傷口の小さい27ゲージシステムを併用することで、より早い術後回復が期待できます。これらの器械の性能を100%発揮できるコンステレーションという最新硝子体手術マシーンを導入しています。また、白内障手術も、より傷口の小さい極小切開に対応した最新機器を導入し、術後の乱視を抑え、視力のより早い回復が可能となりました。多焦点眼内レンズを用いた先進医療の白内障手術も行っています。糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症、血管新生緑内障などの虚血性網脈絡膜疾患に対し、抗血管内皮増殖因子抗体という画期的な薬剤を、倫理委員会を通して県内でいち早く導入しました。網膜浮腫の軽減や出血・血管新生の抑制において、この薬は劇的かつ安全に効果を発揮します。

加齢性黄斑変性症においては、この抗血管内皮増殖因子抗体という薬剤と、2004年に認可された光線力学療法の2本柱で治療しています。光線力学療法は、周囲の正常網膜への障害を最小限に抑えつつ脈絡膜新生血管に対する治療を行うことができます。いずれかの治療、もしくは両者を組み合わせることで、多くの症例において病気の進行を抑えたり、視力を改善することができます。

まぶたの手術では、炭酸ガスレーザーという器械を用いて、出血の少ないきれいな創跡の手術が可能です。

主な検査と説明

光干渉断層計(OCT)

網膜の断面像を非侵襲的に、短時間に測定する機器です。網膜疾患全般、特に黄斑浮腫、黄斑前膜、黄斑円孔、加齢黄斑変性に代表される黄斑疾患の病態の理解、定量的解析に非常に有用な機器であり、患者さんへの説明にも有用です。

スペクトラリスHRA+OCT

最高解像度のスペクトラルドメインOCTと共焦点レーザ走査型眼底検査装置(HRA)とを世界で初めて融合させた、三次元画像解析システムを導入しました。蛍光造影の所見と網膜断層の組織所見とを同時にかつ正確に評価でき、総合的に病態を把握することが可能となります。

前眼部OCT

網膜のみならず、角膜や隅角といった前眼部の形状解析、定量に威力を発揮します。緑内障や角膜病変の診断や治療の効果判定に有効です。

科長・スタッフ紹介

稲谷 大

科長・教授
稲谷 大
専門領域
緑内障
髙村 佳弘

副科長・准教授
髙村 佳弘
専門領域
網膜硝子体疾患・糖尿病眼合併症
助教・病棟医長 青木 明恵 白内障・硝子体手術
助教・外来医長 松村 健大 加齢黄斑変性・糖尿病網膜症・角膜疾患
助教 辻 隆宏 神経眼科
助教 広瀬 真希 眼瞼手術
助教 三宅 誠司
助教 有村 尚悟
医員 後沢 誠
医員 岩﨑 健太郎
医員 柿本 宙志
医員 田中 波
医員 杉原 友佳
医員 盛岡 正和
医員 山田 雄貴
医員 折井 佑介
医員 平井 裕子

学会等認定制度による施設認定

学会等名 事項
日本眼科学会 専門医制度研修施設

外来診察予定

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 【初診・再診】
稲谷 大
青木 朋恵
辻 隆宏
広瀬 真希
盛岡 正和
【初診・再診】
髙村 佳弘
松村 健大
杉原 友佳
柿本 宙志
山田 雄貴
【初診・再診】
稲谷 大※
有村 尚悟※
岩﨑 健太郎※
盛岡 正和
折井 佑介
※は緑内障外来
【初診・再診】
松村 健大
辻 隆宏
後沢 誠
田中 波
山田 雄貴
【初診・再診】
髙村 佳弘※
青木 朋恵
広瀬 真希
柿本 宙志
平井 裕子
※は糖尿病眼外来
午後 【特殊外来】
後沢 誠
杉原 友佳
〔小児眼科外来〕
【特殊外来】
田中 波
〔眼瞼外来〕

柿本 宙志
〔黄斑外来〕

折井 佑介
〔硝子体注射〕

【特殊外来】
稲谷 大
有村 尚悟
岩﨑 健太郎
〔緑内障外来〕
【特殊外来】
杉原 友佳
〔コンタクトレンズ 第1・3・4週〕
〔色覚、ロービジョン外来 第2週〕

田中 波
平井 裕子
〔硝子体注射〕

【特殊外来】
松村 健大
田中 波
柿本 宙志
〔黄斑部疾患外来〕

Webサイト