小児外科

福井県内における小児外科医療の充実、特に当院のNICUに入院した患児に対して小児外科手術の必要性が認められることは少なくなく、この領域の診療機能の整備・充実のため金沢医科大学小児外科教室と協力体制を組み、小児外科外来・NICU回診・小児外科手術を開始しました。

診療体制・治療方針

 当診療科は小児外科疾患・治療を必要とする患者さんに対して高度で質の高い医療を提供します。

症状・対象疾患

 小児消化器疾患・症状については小児消化器病の専門医(学会認定医)が対応しますので外科的疾患、内科的疾患に関わらず気軽にご相談いただければ結構です。小児外科領域に関しては以下の疾患を中心に全ての疾患を対象としております。当院と金沢医科大学・小児外科と協力体制で、当院で手術加療を含め対応できる疾患については当院にて、症例・治療内容によっては金沢医科大学・小児外科において治療を行います。症状に対する治療方針決定や治療の方法・適応については外来診療で診察の上、ご家族の意向も伺いながら相談して対応します。

 これまでも治療を行っていた当院消化器外科・泌尿器科・呼吸器外科等での治療も継続していきます。

  1. 腹壁・臍・鼠径部
    外鼠径ヘルニア、精索水瘤、陰嚢水腫、臍ヘルニア、尿膜管遺残
  2. 新生児領域
    先天性食道閉鎖症、先天性十二指腸閉鎖症、先天性小腸閉鎖症、Hirschsprung病、腸回転異常症、直腸肛門奇形(鎖肛など)
  3. 呼吸をするための機構(気管、肺、胸郭、横隔膜など)や腹壁の病気
    先天性嚢胞肺疾患、漏斗胸、横隔膜ヘルニア、胃食道逆流症(食道裂孔ヘルニア)、横隔膜挙上症、正中頚嚢腫、側頸嚢胞、梨状窩瘻、気道異物
  4. 消化器領域
    胃軸捻転症、消化管異物、肥厚性幽門狭窄症、メッケル憩室、消化管重複症、腸重積症、卵黄腸管遺残症、急性虫垂炎、結腸ポリープ、肛門周囲膿瘍、小児便秘症、胆道閉鎖症、先天性胆道拡張症、脾機能亢進症
  5. 泌尿・生殖器領域
    停留精巣、遊走精巣(移動精巣)、精巣捻転症、包茎、水腎症(腎盂尿管移行部通過障害)、水腎水尿管症、嚢胞性腎疾患、尿管瘤、膀胱尿管逆流症、尿道下裂、後部尿道弁
  6. 固形腫瘍
    神経芽腫、Wilms腫瘍、肝悪性腫瘍、奇形腫群腫瘍、横紋筋肉腫、良性腫瘤、リンパ管腫、血管腫

科長・スタッフ紹介

腰地 孝昭
科長・教授
腰地 孝昭
専門領域
虚血性心疾患・弁膜症・大動脈外科
大嶋 勇成
副科長・教授
大嶋 勇成
専門領域
免疫・アレルギー
助教・外来医長 髙森 督
助教・病棟医長 田邉 佐和香
客員教授 岡島 英明 小児外科一般・小児肝臓・小児臓器移植
非常勤講師 安井 良僚 小児外科一般
助教 矢野 啓太

外来診察予定

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前

     

 

                 
午後 【初診・再診】
岡島 英明
(第1・2・4・5週)

田村 亮(第3週)