心臓血管外科

心臓・大血管・末梢血管のさまざまな疾患に対する外科治療を行っています。心臓・大血管手術では、虚血性心疾患の手術(冠状動脈バイパス術など)、弁膜症手術(人工弁置換、弁形成術など)、大血管手術(胸部動脈瘤、解離性大動脈瘤など)の成人疾患全領域に対して良好な治療成績を上げています。また、末梢動脈疾患に対する血行再建術(カテーテル手術、バイパス術)、静脈瘤手術(レーザー治療)なども行っています。

心臓血管外科

診療体制・治療方針

治療法の選択や手術の適応についてはガイドラインに沿いながら循環器内科医、紹介医などと十分なディスカッションを行って決定し、その内容を患者さん、ご家族に分かりやすく説明します。すべての患者さんを全員の目で見ることが大切と考えて緊密な意思疎通を図っています。また必要に応じて、大学病院の特色である幅広い診療科から専門的な助言・協力を得て治療成績の向上に努めています。そのため、心機能の極度に低下した患者さんや合併症を多く有するご高齢の患者さんなどハイリスク例の手術にも、十分なインフォームドコンセントを得た上で積極的に取り組んでいます。

得意とする分野

冠状動脈バイパス術

狭心症・心筋梗塞に対するバイパス術の特徴は、1回の手術で複数の血管に対して長期間安心できる血行再建を行うことです。そのため、患者さんの状態にあわせて心拍動下バイパス術(OPCAB)と人工心肺下バイパス術(CABG)を使い分けています。バイパス血管の材料はもっとも良質な内胸動脈を中心に動脈グラフトを多用しています。

左室形成術、心室中隔穿孔手術

心筋梗塞後の心室瘤や虚血性または拡張型心筋症に対して、左室を切開・縫縮することにより心機能を改善します。また、心室中隔穿孔などの重症心不全例に対しても2重パッチ閉鎖法を用いて高い治癒率を上げています。

弁形成手術

僧帽弁閉鎖不全症に対する弁形成術はすでに標準術式となっており、乳頭筋、腱索を含めた機能的弁形成術を行っています。大動脈弁においては自己弁温存大動脈基部置換術も行っています。このような弁温存術式により、ワーファリンによる抗凝固療法が不要となり、術後のQOLが向上します。

メイズ手術(不整脈手術)

心臓弁膜症に多く合併する心房細動は、心機能の低下をもたらすばかりでなく心原性脳塞栓の原因として重要です。発作性心房頻拍、慢性心房細動の患者さんでは、他の心臓手術と同時に高周波焼灼デバイスを用いて安全に治療が可能です。

急性大動脈解離・胸部大動脈瘤の手術

大動脈疾患の中でも急性大動脈解離(A型)は予後不良の疾患です。内科治療のみでは大多数が死亡に至るため緊急手術が行われますが、それでも全国平均で10%以上の手術死亡率となっています。当科では確立された脳保護法の下、独自に開発した人工血管吻合法により高い治癒率を上げています。胸部大動脈瘤および遠位弓部大動脈瘤に対しては通常の胸部正中切開法による弓部全置換術に加え、オープンステント法を用いる方法や、より低侵襲のステントグラフト内挿術によりリスクの高い患者さんに対しても高い治癒率を上げています。

症状・対象疾患

EVER前後CT

狭心症や心筋梗塞に対する冠状動脈バイパス術、心臓弁膜症に対する人工弁置換術、弁形成術、自己弁温存大動脈基部置換術、心房細動性不整脈に対するメイズ手術、胸部大動脈瘤、胸部大動脈ステント内挿術(TEVAR)、解離性大動脈瘤の人工血管置換術、腹部大動脈瘤手術、腹部大動脈ステント内挿術(EVAR)、末梢動脈疾患のバイパス術(カテーテル手術)、下肢静脈瘤の血管内焼灼術(レーザー)、硬化療法など。

科長・スタッフ紹介

山田 就久
科長・講師
山田 就久
専門領域
血管外科・大動脈ステントグラフト・下肢静脈瘤レーザー治療
髙森 督
副科長・助教・外来医長
髙森 督
専門領域
心臓血管外科一般
助教・病棟医長 田邉 佐和香 心臓血管外科一般
助教 水永 妙 心臓血管外科一般

兼任

教授(医療安全管理部) 森岡 浩一 虚血性心疾患・弁膜症・大動脈外科・血管外科・感染制御
特命助教 川村 祐子 心臓血管外科一般

学会等認定制度による施設認定

学会等名 事項
心臓血管外科専門医認定機構 専門医認定修練施設(基幹施設)

外来診察予定

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 【初診・再診】
福井 伸哉
山田 就久
田邉 佐和香
高森 督
水永 妙
森岡 浩一
〔心臓血管外科〕
【初診・再診】
福井 伸哉
〔心臓血管外科〕

山田 就久
〔血管外科〕
〔フットケア外来〕

田邉 佐和香
〔心臓血管外科〕

【初診・再診】
髙森 督
田邉 佐和香
水永 妙
〔心臓血管外科〕
午後

Webサイト

診療科・部門のご案内

診療科・部門のご案内