リハビリテーション科

整形外科や脳神経外科、神経内科を中心に各診療科との連携のもと、さまざまな疾患により生じる運動障害、感覚障害、コミュニケーション障害に対して、機能回復を促すとともに、残存機能を最大限に引き延ばすための治療を行い、患者の皆さまの家庭復帰や社会復帰をお手伝いしています。

診療体制・治療方針

対象となる疾患は、骨折、靭帯損傷などのスポーツ外傷、慢性腰痛および頸部痛、脊髄損傷、関節リウマチや変形性関節症などの骨関節疾患、四肢奇形または切断、脳血管障害(脳硬塞、脳出血、くも膜下出血)、頭部外傷後の後遺症や麻痺、神経筋疾患(パーキンソン病など)、末梢神経障害、脳性麻痺、急性心筋梗塞、急性呼吸不全、リンパ浮腫など多岐にわたります。

それぞれの疾患に対して、適切な障害の診断、残存機能の評価、機能回復の予測をもとに、運動療法、温熱・牽引・電気刺激などの物理療法、作業療法、言語療法、装具療法、義肢作製などを、患者さんの状態にあわせて組み合わせることによって、患者さんにあわせたリハビリテーション処方を作成し、効率的なリハビリテーション治療を行っています。またリハビリテーション科として入院も可能であり、外来だけではなく、集中的なリハビリテーション治療が行えます。

高度医療

整形外科との共同研究により、頸椎症性脊髄症、腰部脊柱管狭窄症、変形性関節症の病態や治療の評価として、歩行分析、筋力評価、膝不安定性、固有受容覚測定、歩行シミュレーション(SIMMGait)などを行っています。また、神経疾患のリハビリテーションから見た病態解明の一つとして、さまざまな負荷や歩行を中心とした動作解析や筋電図評価を行っています。また関節リウマチの病態に対して、電気角度計、スメドレー握力センサーを用いて作業療法の評価を行っています。高次脳機能に対する作業療法として、脳年齢計を用いて前頭葉機能の活性化を評価しながら治療を進めています。

今後はこれらの治療や研究をさらに発展させるとともに、多岐にわたる疾患に対しても積極的に研究活動を押し進めていきたいと考えています。

歩行分析

脳年齢計

主な検査と説明

トレッドミル

大型治療機器として、筋力強化および評価に際して負荷を一定にできるKin-ComやCybex、歩行訓練には下肢への免荷が可能な歩行介助ロボット、傾斜が32%まで可能なトレッドミル、関節外科の術後に毎日用いることで、筋力の早期回復を図るハバードタンクなどがあります。生体工学的な解析装置として、三次元歩行解析装置Vicon370とテレメーター式筋電図装置や歩行シミュレーションシステムSIMM Gait、膝の靱帯損傷など評価する膝関節動揺測定装置GenucomとKT-2000などが整備されています。さらにガス代謝分析装置、非侵襲性近赤外線酸素モニターなど代謝系の測定装置を用いた障害評価を実施しています。これらを用いて、患者の皆さまに定量化されたデータを視覚的に呈示することで、治療効果を確認していただくとともに、リハビリテーションに対する動機づけを図り、良好な成績が得られています。

科長・スタッフ紹介

松峯 昭彦

科長・教授
松峯 昭彦
専門領域
骨・軟部腫瘍・運動器リハビリテーション・がん患者リハビリテーション

髙橋 藍

副科長・助教・外来医長・病棟医長
髙橋 藍
専門領域
運動器リハビリテーション・がん患者リハビリテーション
医師 山口 朋子 運動器リハビリテーション・心大血管疾患リハビリテーション・脳血管疾患リハビリテーション・呼吸器リハビリテーション・がん患者リハビリテーション

外来診察予定

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 山口 朋子
〔心大血管疾患〕
〔脳血管疾患等〕
〔運動器〕
〔呼吸器〕
〔がん患者〕

髙橋 藍
〔運動器〕
〔がん患者〕

髙橋 藍
〔運動器〕
〔がん患者〕

坂本 拓己
〔運動器〕

小久保 安朗
大木 央
〔運動器〕
〔がん患者〕

宮崎 剛
中嶋 秀明
〔心大血管疾患〕
〔脳血管疾患等〕
〔運動器〕
〔呼吸器〕

髙橋 藍
〔運動器〕
〔がん患者〕

髙橋 藍
〔運動器〕
〔がん患者〕

坂本 拓己
〔運動器〕

山口 朋子
〔心大血管疾患〕
〔脳血管疾患等〕
〔運動器〕
〔呼吸器〕
〔がん患者〕

髙橋 藍
〔運動器〕
〔がん患者〕

午後 【特殊外来】
山口 朋子
〔ボトックス・装具〕
※完全予約制
電話:0776-61-3111

 

Webサイト