リハビリテーション科

各診療科との連携のもと、さまざまな疾患により生じる障害に対して、機能回復を促すとともに、残存機能を最大限に発揮するための治療を行い、患者の皆さまの家庭復帰や社会復帰をサポートしています。

診療体制・治療方針

対象疾患は多岐にわたり、各疾患に対応したリハビリテーションを行っています。疾患の診療科や他職種との合同カンファレンスを行い、患者の皆さまの状態や問題点をリアルタイムで共有することで、効率の良いリハビリテーション治療を提供しています。

  • 脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血などの脳血管疾患やその他の神経系疾患の方に対しては、運動障害、感覚障害、高次脳機能障害、言語障害、嚥下障害などの詳細な評価を行い、できるかぎり早期からの機能訓練を開始し、日常生活動作の再獲得を目指します。必要に応じて、補装具の処方も行っています。嚥下障害の方に対しては、嚥下内視鏡検査、嚥下造影検査での評価を行い、リハビリテーション治療や摂食嚥下指導を行います。また、痙縮による手足のこわばり症状がある方に対して、ボツリヌス注射も行っています。
  • 変形性関節症、脊柱管狭窄症、スポーツ外傷、関節リウマチなどの運動器疾患に対しては、術後の方を中心に早期からの歩行訓練、関節可動域訓練、筋力増強訓練を行い、歩行能力の改善や関節機能の改善を図ります。
  • 心筋梗塞、心不全などの循環器疾患や、肺気腫、間質性肺炎などの呼吸器疾患に対しては、心肺機能を改善するための歩行練習や自転車エルゴメーター、トレッドミルなどを使用した持久力トレーニングを行っています。病気の再発予防を目的とした生活のご指導も行っています。
  • 悪性腫瘍に対して入院で手術、抗がん剤、放射線治療を行っている方は、治療による心身機能の低下を予防し、回復につなげるためのリハビリテーション治療を行っています。
  • 低出生体重児、先天性小児疾患、小児悪性腫瘍などの治療中の方を対象とした理学療法や、ご家族の方へのご指導を行っています。
  • 集中治療室(ICU)で治療をされている方に対しても、早期からのリハビリテーション治療を行っており、できるかぎりの活動性を保ち、心身機能の向上を図ります。

高度医療

詳細な評価や治療を目的として、各種装置を使用しています。運動器分野では三次元動作解析装置による歩行分析、バイオデックスシステムによる筋力測定・筋力増強訓練、Kneelaxによる関節動揺性検査、レッドコードを用いた運動療法などを行っています。脳神経分野では機能的電気刺激療法(FES)による筋活動の活性化、免荷装置を用いた歩行訓練などを行っています。循環器疾患、呼吸器疾患に対しては心肺運動負荷試験(CPX)による評価を適宜行い、適切な負荷での運動療法を行っています。
今後はこれらの治療や研究をさらに発展させるとともに、多岐にわたる疾患に対しても積極的に研究活動を押し進めていきたいと考えています。

歩行解析の様子

歩行解析の様子

心肺運動負荷試験の様子

病棟でのリハビリテーショ

病棟でのリハビリテーション

ICUでのリハビリテーション

ICUでのリハビリテーション

主な検査と説明

大型治療機器として、筋力強化および評価に際して負荷を一定にできるBiodex、歩行訓練には下肢への免荷装置、傾斜が32%まで可能なトレッドミルなどがあります。生体工学的な解析装置として、三次元歩行解析装置とテレメーター式筋電図装置、膝の靱帯損傷など評価する膝関節動揺測定装置Kneelaxが整備されています。さらにガス代謝分析装置、非侵襲性近赤外線酸素モニター(NIRS)など代謝系の測定装置を用いた障害評価を実施しています。これらを用いて、患者の皆さまに定量化されたデータを視覚的に呈示することで、治療効果を確認していただくとともに、リハビリテーションに対する動機づけを図り、良好な成績が得られています。

科長・スタッフ紹介

松峯 昭彦

科長・教授
松峯 昭彦
専門領域
・リハビリテーション学
・骨軟部腫瘍学
・整形外科学

髙橋 藍

副科長・助教・病棟医長
髙橋 藍
専門領域
・リハビリテーション学
・整形外科学
助教・外来医長 坪川 操 ・リハビリテーション学
・摂食嚥下リハビリテーション学

外来診察予定

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前

髙橋 藍
坪川 操
〔心大血管疾患〕
〔脳血管疾患等〕
〔運動器〕
〔呼吸器〕
〔がん患者〕
〔廃用症候群〕

 

髙橋 藍
坪川 操
〔心大血管疾患〕
〔脳血管疾患等〕
〔運動器〕
〔呼吸器〕
〔がん患者〕
〔廃用症候群〕

髙橋 藍
坪川 操
〔心大血管疾患〕
〔脳血管疾患等〕
〔運動器〕
〔呼吸器〕
〔がん患者〕
〔廃用症候群〕

髙橋 藍
坪川 操
〔心大血管疾患〕
〔脳血管疾患等〕
〔運動器〕
〔呼吸器〕
〔がん患者〕
〔廃用症候群〕

 

髙橋 藍
坪川 操
〔心大血管疾患〕
〔脳血管疾患等〕
〔運動器〕
〔呼吸器〕
〔がん患者〕
〔廃用症候群〕
午後 坪川 操
〔嚥下機能検査〕
※予約制
髙橋 藍
〔ボトックス〕
坪川 操
〔嚥下機能検査〕
※予約制

 

Webサイト